Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【57】最高裁判所に要請、行ってきました。

仙台での再審請求棄却を受け、

守大助さんの自由を取り戻す闘いは、

東京・最高裁判所に移りました。

昨日5月16日は公正な判断を行うよう、

要請に行ってきました。

この「最高裁要請」は、

人権団体「日本国民救援会」が定期的に行っている活動です。

裁判所は一応は “開かれた司法” をタテマエにしているので、 

こうして市民の声を聴く場を設けてくれるのです。

 

昨日は大助さんの北陵クリニック事件のほか、

「大崎事件」「松橋事件」「湖東記念病院事件」など計5事件、

16人の支援者が集まりました。

最高裁は裏口を入ってすぐの、小さな会議室を用意してくれました。

正門からは堂々と入れたくないのかな…。

 

対応してくれたのは上席書記官のセキグチさん。

髪の毛からジャケットまでグレーの物静かな雰囲気の方で、

終始ほぼ無言でペンを走らせ、ポーカーフェイスを保っていました。

要請と言っても、裁判官が直接対応してくれるワケではありません。

私たちの声はセキグチさんのような事務方を経由して、

裁判官に届けられます。

そこでどんなやり取りが行われているかは、ブラックボックスです。

 

大助さんの支援者は私のほかに千葉と愛知からも参加し、

この事件が冤罪であること、

最高裁の公正な判断に期待していることを、

それぞれに訴えました。

大助さんの支援活動を行っているグループは全国に43あります。

遠くからわざわざ足を運んでくることに、

本当に頭が下がる想いです。

 

湖東記念病院の当事者である西山美香さんも滋賀から駆けつけ、

“最後までがんばりたい” と、思いの丈を語りました。

 この事件については、こちらで紹介しました。

 【30】クリスマスの日、守大助さんに面会してきました! - Free大助!

 無実を訴えながら12年間を塀の中で過ごした末に、

やっとの想いで勝ち取った再審開始決定。

しかし検察の特別抗告により、未だに無罪が確定していません。

もし最高裁が検察の言いなりになって再審開始を取り消せば、

もう一度再審を請求し直さなければなりません。

また長い年月がかかってしまいます。

 

同じく昨日要請を行った「大崎事件」「松橋事件」も、

まったく同じ状況です。

この2事件については、こちらで紹介しました。

【27】冤罪「松橋事件」どうする検察!? 12月4日に注目! - Free大助!

【28】冤罪「松橋事件」やはり検察は特別抗告(怒) - Free大助!

【40】大崎事件、再審開始決定!だが喜ぶのはまだ早い - Free大助!

 “針の穴にラクダを通すほど難しい” と言われる

再審開始決定を勝ち取りながら、

検察の抗告によって無罪確定がストップしている事件が、

3つも最高裁に上がってきているのは、

おそらく日本の刑事司法が始まって以来の異常事態です。

公益の代表者という使命を放棄し、

“司法マフィア” となった検察の蛮行と、

それをハッキリと断罪しないマスメディアについても、

このブログでたびたび指摘してきた通りです。

 

最高裁がどんな判断を下すか、

シッカリ注目していきましょう!!

裁判所を変える責任は、私たちにあります。

 

最高裁判所の裏口にあたる西門。最高裁の建物は正面から見ると周囲を寄せ付けない威圧的な形をしていますが、裏側から見ると普通のビルです。

f:id:daisuke0428:20180517115441j:plain