Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【30】クリスマスの日、守大助さんに面会してきました!

 もう昨年になってしまいましたが、

12月25日に千葉刑務所の守大助さんに面会してきました。

 

今回は「東京の会」の仲間2人と、私の計3人で面会。

いずれも大助さん(46歳)と世代の近い30〜40代で、

紅一点のYさんは何と、

サンタさんの衣装をまとって来ました。

大助さんにささやかなクリスマスプレゼント…ということで、

この日のために買ったそうです(笑)。

冤罪の支援活動には真剣さと同時に、

ちょっとばかりのユーモアも必要です。

 

もう一人は当ブログの【21】で紹介したIさん。

自分の不当解雇裁判の終決を機に、

「東京の会」に本格的に参加するようになった心強い仲間です。

Iさんは大助さんと初対面です。

 

 アクリル板の向こうに現れた大助さんはグレーの作業服姿。

いつも通り “よっ、来てくれたね!” という感じで、

にこやかに迎えてくれました。

無実の罪で自由を奪われてもうすぐ17年、

千葉刑務所に収監されて今年で10年…、

想像を絶する不条理な状況に置かれているにもかかわらず、

笑顔で接してくれる大助さんには、本当に恐縮するばかり。

支援者である私たちの方が勇気づけられます。

 

面会時間は30分。

「東京の会」の活動報告やIさんの自己紹介をした後は、

大助さんの近況を聴きました。

10月から担当している刑務作業である、

食材の下処理はだいぶ慣れたとのこと。

約1000人分の収容者の食事のモトとなる、

ジャガイモやニンジン、タマネギの

下ごしらえをする大変な作業です。

最初は包丁の力加減が分からず悪戦苦闘していましたが、

今では50kgのニンジンを50分で処理できるようになり、

先輩受刑者からは

“1時間30分ぐらいかかると思ったけど、早くできるようになったな” と、

褒められたそうです。

作業の不手際で怒られることもあるけれど、

筋が通った理由なので納得しているとも、話してくれました。

 

そして大助さんは12月20日に出た、

湖東記念病院事件の再審開始決定を、

“最高のクリスマスプレゼントです” と、

まるで自分のことのように喜んでいました。

 

この事件について、少し説明します。

2003年、滋賀県の病院で植物状態の入院患者が亡くなります。

原因は不静脈によるもので、

そもそも事件性はないのですが、

 “人工呼吸器のチューブを引き抜いて殺した” という、

シナリオを勝手に描いた警察は、

看護助士の西山美香さんを逮捕。

山本誠なる刑事は否認する西山さんを厳しく責め立て、

警察の意に添った供述をすると、

急に優しく接するという取調べによって、

強引に自白を引き出します。

ちなみに西山さんがチューブを抜いたという目撃証言や、

抜いたことを示す証拠は何もありません。

 

“そんなことで、やってもいない犯行を認めるの?” と、

疑問を持たれた方は想像してみてください。

今まで警察と無縁で暮らしてきた人が、

いきなり狭い取調室に監禁されて、

刑事にひたすら責め立てられる状況を…。

強い意志の持ち主だって、

耐えられないだろうと言われているのが、

日本の警察の取調べ。

“コイツが犯人” と一度決めつけたら、

どんな手段を使ってでも自白させるのが、

彼等のやり方です。

 

西山さんは裁判になると自白を撤回。

一貫して無実を訴えますが、

有罪となって和歌山刑務所に12年間収監され、

昨年8月に満期出所しました。

そして今回、大阪高等裁判所は、

“病死であった合理的な疑いがある” と、

速やかに再審開始決定を出したのでした。

(例によって、検察は抗告してきました…)

 

どうでしょうか?

医療施設が舞台になっていること、

病死を “殺人事件” と思い込んだ警察が事件化し、

無実の看護スタッフを犯人にデッチ上げた点など、

大助さんの事件ソックリです。

自分のことのように感じられるのも当然でしょう。

 

“考えが甘いと言われるかもしれないけど、

湖東記念病院の流れを自分にも…

と期待せずにはいられない” と最後に語って、

アクリル板の後ろの扉に消えていった大助さん。

 

いや “甘い” なんて言うことはないです!

そもそも悪いのは警察、検察、裁判所。

弁護団や支援者仲間、マスメディアとも協力して、

必ず大助さんの自由を勝ち取ります!

そのように決意を新たにした面会でした。

 

面会終了後、千葉刑務所の正門前で自撮り。左からYさん、Iさん、事務局長の私です。

f:id:daisuke0428:20180102195130j:plain