Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【27】冤罪「松橋事件」どうする検察!? 12月4日に注目!

今週の嬉しいニュース。

11月29日、『松橋(まつばせ)事件』の即時抗告審で、

福岡高等裁判所が再審開始を認めました。

2016年6月の熊本地方裁判所に続いて、

再審をやるべし!と判断したのです。

“マツバセ?”

“ソクジコウコクシン?”

“チホウサイバンショに続いて…?”

聞き慣れない語句を並べてしまいましたが、

順を追って説明していきます。

この事件は典型的な冤罪であり、

守大助さんの北陵クリニック事件に相通ずる部分も、

たくさんありますので、

いつもより長めですが、

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

◆そもそも「松橋事件」とは?

1985(昭和60)年1月8日、

熊本県松橋町(現在の宇城市)の民家で、

住人男性(当時59歳)が殺されているのが見付かりました。

首など10ヵ所以上を刺されての失血死でした。

それから約10日後、

近所で電気店を営む宮田浩喜(こうき)さんが逮捕されます。

宮田さんは亡くなった男性の将棋仲間。

2人は事件の数日前、お酒に酔った勢いでケンカをしていました。

 これで宮田さんがアヤしいと睨んだ警察は、

“オマエが腹いせに殺したんだろう!” と厳しく追及。

腰の持病があり、キツい取調べに耐えられなかった宮田さんは、

“自分の家から持ち出した小刀で刺した”と、

犯行を認めてしまいます。

裁判では自白を撤回して無実を訴えましたが、

“一度は自白した” という理由で 懲役13年の刑が確定。

1990年から99年(仮出所)まで岡山刑務所に収監されます。

2012年3月、熊本地方裁判所に再審請求。

2016年6月 、同裁判所は、

“自白と客観的な証拠に矛盾がある”

として再審開始を決定。

これを不服とした検察が即時抗告

(これが大きなモンダイ!後ほど書きます)

本当に再審を認めるべきか、

舞台を福岡高等裁判所に移して再度の協議。

今回も裁判所は、

再審開始を認めるという判断を下したのでした。

 

◆長男はどれほど無念だったことか…

現在の宮田さんは84歳。

脳梗塞認知症を患い、施設で暮らしています。

そんな宮田さんを支え、

ともに闘ってきた長男の貴浩(たかひろ)さんは、

昨年の熊本地方裁判所の再審開始決定を受け、

新聞の取材にこうコメントしています。

捜査に当たった警察、検察の関係者も、

父と同じ期間を刑務所で過ごしてほしい。

そうでなければ冤罪はなくならない(2016年7月1日/毎日新聞

その貴浩さんは今年9月、病気のため61歳で亡くなりました。

今回の福岡高等裁判所の決定を聞くことなく、

高齢の父親の再審の行方を気にかけたままの他界。

どれほど無念だったことでしょう。

貴浩さんが憤った警察、検察の捜査とは、

どのようなものだったのか?

 

◆10ヵ所以上刺した凶器から血液反応ナシ!?

宮田さんを犯人とする根拠は、

警察に強要された自白以外にありません。

10ヵ所以上も刺せば返り血を浴びたり、

何らかの痕跡が残るはずですが、

そういった証拠も裁判には提出されていません。

凶器とされる小刀についても、

警察の鑑識がいくら調べても血液反応が出ませんでした。

エッ…そんなバカな?????

普通ならそう思うことでしょう。

宮田さんを責め立てて自白させた捜査員も、

同じように疑問を持ったハズです。

しかしここで 、

“宮田さんは犯人じゃないかも。もう一度、捜査を仕切り直そう”

とならないのが、警察の困ったところ。

この事実がわかると、

小刀に血が付かないよう、柄の部分に布を巻いて刺した。

犯行の後、刃の部分は磨いだ。

布切れは自宅の風呂釜で燃やした と、

宮田さんの自白が 、より詳細に(?) 変わります。

 

 一度犯人と決めつけたら、とにかく自白させる。

無実の可能性が出てきても、お構いナシ。

後から判明した事実に合わせて、

都合のいいように犯行のシナリオを改ざんして、

自白調書をデッチ上げる。

このブログでも繰り返し書いてきましたが、

そんな警察の捜査方法は、

たくさんの冤罪を生み出す温床になっています。

 

◆自白で“燃やした”布があった!?

さらに松橋事件では驚くことに、

自白では燃やしたことになっていた布が、

検察に保管されていたのです!!

布は古いシャツを切り取ったもので、

切り取られたシャツも一緒に出てきました。

布には焦げた跡もなく、

血も付いていませんでした。

もし検察がもっと早く裁判に提出していれば、

宮田さんの自白は信用に値しないと、

無罪判決が出ていたかもしれない、超重大な証拠です!!

 

この布の存在が、どのように明らかになったのかというと、

再審請求を進める宮田さんの弁護団検察庁に通いつめ、

大量に開示された証拠物の中から、

たまたま発見したのです。

 

ここで少し説明を。

警察が捜査で集めた証拠は、検察が保管します。

そこからどの証拠を裁判に提出するかは、検察次第。

再審においてどの証拠を開示するかも同様で、

検察の全面的な証拠開示を義務付けた法律も存在しません。

じゃあ、無実の証拠が出てこないことがあるの…?

検察の手中にある証拠をチェックする仕組みはいないの…?

そうなんです。

これが日本の刑事裁判の現実で、

検察の証拠隠しも、多くの冤罪を生み出す温床になっています。

今回も、もし検察が布を開示せず闇に葬り去っていたら…

考えるだけで恐ろしいコトです。

 

さらに弁護団は、小刀の刃の長さや幅では、

遺体の刺し傷はできないという新たな鑑定結果も提出。

宮田さんの小刀が凶器という前提は完全に崩れ、

再審開始決定の後押しとなりました。

 

◆検察って何様なんだ?

以上です。どうでしょうか?

ズサンな捜査を行った警察も許せませんが、

私はそれ以上の憤りを、検察に感じます。

宮田さんの無実を示す布を隠し持っていながら、

再審開始決定に平然と抗告を行う…。

一体、どんな神経をしているのでしょうか?

今回、福岡高等裁判所が出した再審開始決定が不服な場合、

検察は最高裁判所に抗告(特別抗告と言います)する権利も持っています。

期限の12月4日までに抗告がない場合は再審開始となりますが、

もし抗告されたら三たびの協議へ。

高齢で体調を崩した宮田さんに残されている時間が、

決して多くない中で、

冤罪を晴らす機会が、また遠のいてしまいます。

まずは12月4日、検察が抗告をするか断念するか、

厳しくチェックしてください。

 

そもそも裁判所が出した再審開始決定に、

検察が言いがかりを付ける権利があるのか?

これは日本の刑事司法の重大な欠陥です。

次回はこの問題について、書きたいと思います。

 

f:id:daisuke0428:20171130183624j:plain

福岡高等裁判所の再審開始決定を受け、記者会見を行う宮田さんの弁護団

背後の写真が宮田さん。写真は「日本国民救援会」HPより。