Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【67】やはり出た…デタラメ報道(怒)

31歳の看護師さんが逮捕された大口病院事件、

守大助さんの支援者の間では、

冤罪かは断言できないものの、

“報道が大助さんの逮捕当初にソックリだね” 

という声が上がっています。

 前回のブログで、

【66】オカしな報道には抗議をしましょう! - Free大助!

“似た事件として、大助さんが取り上げられたら嫌だなあ”

と書いたところ、懸念した通りの記事が出ました。

diamond.jp

上記リンクをご一読ください。

全編を通して警察の言い分を垂れ流すデタラメな内容です。

一つひとつ反論していたらキリがないので、

特にヒドいと感じた2ヵ所を指摘しておきます。

 

(①自白について)

意外に知られていないが、守受刑者は逮捕前の任意聴取で容疑を認めていた。当初、逮捕容疑以外にも「誰でもよかった」「他の患者にも筋弛緩剤を投与した」などと述べ、動機についても「クリニックでの待遇に不満があった」と具体的に供述。日頃から賃金面やクリニックの経営方針について、家族に不満を漏らしていたとされる。

大助さんは “容疑を認めていた” のではありません。

朝8時30から取調室に監禁され、

“やっぱりオマエしかいなんだ!” と刑事に迫られても、

“やっていない” と否認を貫いていました。

しかし“他のナースとでも言うのか!” と、

同じく任意同行で調べられていた同僚看護師(※)の逮捕をほのめかされ、

※同僚看護師は大助さんの婚約者だった

夜8時過ぎになってやむなく自白させられたのです。

家族や恋人の名前を出して自白を迫る警察の取り調べ方法は、

冤罪を生む温床と言われています。

また大助さんのお父さんも、宮城県警の警察官(※)でした。

※交通機動隊

そんな家庭環境もあり、大助さんは警察を信頼していました。

 “捜査をやり直してくれれば、無実であることが分かってもらえるだろう”

と、自白してしまったのです。

また動機とされる不満は、大助さんは一切持っていなかったと言います。

“守大助=凶悪犯” という印象を持たせるために警察がウソを垂れ流し、

それを裏を取らずにマスメディアが拡散させたものです。

 

(②弁護士の存在について)

風向きが変わったのは逮捕から4日後。「とにかく無罪を主張する」(宮城県警元幹部=事件当時)という阿部泰雄弁護士と接見してからだ。元幹部が「ミスター無罪」「あのお方」などと揶揄(やゆ)して呼んでいた阿部弁護士は、証拠の不備を突く名手で、仙台地裁では同時期、阿部弁護士が担当した事件で無罪判決が相次いでいた。 

(中略)

神奈川県警特別捜査本部の懸念は「仙台の事件のように、ややこしい方(弁護士)が出てこないかだ」という。

弁護士は黒を白と主張する詐欺師だと言わんばかりの、

本当にヒドい書きぶりです。

阿部弁護士も最初は大助さんが犯人だと思って接見したと言います。

しかし具体的にどう筋弛緩剤を投与したのかなど、

いろいろ質問しても大助さんが答えられなかったことから、

冤罪の疑いを抱いて “やっていないなら否認しなさい” と、

アドバイスしたに過ぎません。

宮城県警元幹部の「とにかく無罪を主張する」と言う主張こそ、

悪質な言いがかりであり、厳しく断罪されるべきです。

 

警察がズサンな捜査を行い、

大助さんを犯人にデッチ上げるために、

証拠をねつ造した疑いが強く持たれていることは、

この記事では一切スルーされています。

さらに執筆者の「戸田一法:事件ジャーナリスト」なる人物、

検索をかけてもヒットするのはこの記事だけ。

プロフィール等が一切出てきませんし、

 “ジャーナリスト” を名乗る資格があるとも思えません。

 

配信元のダイヤモンド社には、抗議のメールを送りました。

 一方で、こんなことも感じさせられました。

“たとえば袴田さんの事件だったら、こんなデタラメ記事が出るだろうか?”

北陵クリニック事件が冤罪であり、

守大助さんが無実であるという認識が、

まだ社会に広まっていないのだと反省させられます。

 

冤罪・布川事件で29年を獄中で過ごした桜井昌司さんは、

「すべての裁判官、メディアを味方にしよう!」

と運動を展開し、再審無罪を勝ち取ったと言います。

戸田一法に “守大助は無実だ” という記事を書いてもらえるよう、

引き続き声を上げ、情報を発信し続けます!

宜しくお願いいたします。

 

最高裁への署名用紙が完成しました。これからガンガン集めます。

f:id:daisuke0428:20180716150046j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【66】オカしな報道には抗議をしましょう!

ヤフーニュースで、こんな速報が配信されました。

横浜市の病院で2年前にあったとされる院内中毒死で、

看護師を逮捕するという、朝日新聞の記事です。

“7日にも逮捕する方針を固めた”

“捜査関係者への取材でわかった”

典型的な警察リークの可能性がある記事です。

横浜・大口病院の連続中毒死、看護師を殺人容疑で逮捕へ(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

朝日新聞は17年前、守大助さんの事件の時も、

警察がリークするデタラメ情報を記事にし、

大助さんを“恐怖の筋弛緩剤点滴魔”にデッチ上げる報道を行いました。

今回も蛮行をくり返すのか、他社の報道も含めて注視してください。

センセーショナルな報道が繰り広げられることも、予想されます。

決してそれを鵜呑みにしないでください。

 

もしかすると“過去にこんな事件もあった”として、

大助さんの北陵クリニック事件が紹介されるかもしれません。

そんなバカな報道があった時には、

黙っておらず抗議の声を上げましょう!

(私もそうします)

大抵のメディアのサイトは、

メールなどで意見を投稿できるようになっているハズ。

 

昨日は死刑執行をリアルタイムで、

まるでショーのように報じるテレビ局もありました。

メディアの異常を糾すのも、私たちです。

声を上げ続けましょう!

 

 朝日新聞を筆頭に、この狂気の報道を忘れてはなりません。

f:id:daisuke0428:20170423223330j:plain

朝日新聞を筆頭にした、狂気の報道を忘れてはなりません。

 

【65】守大助さんのメッセージ

遅くなりましたが、5月の守大助さんのメッセージを紹介します。

阿部泰雄弁護士を通して、全国の支援者にFAXされたものです。

 

闘いの舞台は、最高裁へ移りました。特別抗告審で!!

「差し戻し」させるため、私は無実を訴え闘います。

絶対に筋弛緩剤を混入していません。無実です。

全国の皆さん、今後もどうかご支援を宜しくお願い致します。

汗ばむほどの陽気が、夏の近いことを知らせています。

いかがお過ごしでしょうか。いつも街頭宣伝、署名活動、学習会を

していただき、本当に有り難うございます。

仙台高裁・嶋原不当決定後も、皆さんから励ましのお便りが届き、

心強くなりました!!

4月の誕生日には、お祝金、Birthdayカード、寄せ書きをいただきまして、

感謝の気持ちでいっぱいです。“47歳”なんとか40代で看護師として

社会復帰したいです。負けずに無実を訴え叫びつづけます。

最高裁での闘いは、短期間だと思います。最高裁が名ばかりでなく、

最高の仕事をしてほしい。最低裁判所とならないよう、皆さんで!

監視していて下さい。本件は筋弛緩剤事件ではありません。

A子ちゃん急変時に、郁子医師が医療器具による気道確保で2度失敗。

状態が悪化(※)したのは、このミスがあったからです。その事実を隠し、

筋弛緩剤事件が作られたのです。このことを!どうか忘れないで下さい。

私はやっていません。両親が元気な内に帰りたいです。

全国から最高裁へ「再審開始」の風を吹かせて下さい!!

勝利するため、皆さんのお力をお貸し下さい。助けて下さい。

2018年5月 無実の守大助

※A子ちゃんの症状は難病「ミトコンドリア病メラス」であることがほぼ明らかになっている。

 

2008年に千葉刑務所に収監されて10年、

47歳になった大助さんは“40代で絶対に出たい”と訴えています。

昨年面会した時、“2008年はちょうど北京オリンピックの年だった”

と言っていました。

それからロンドン、リオと2度のオリンピックの間も塀の中

「東京」が開催される2020年、大助さんは49歳になります。

東京オリンピックは絶対に塀の外で観戦できるよう、

支援活動に一層力を入れていきます。

f:id:daisuke0428:20180624222806j:plain

【64】“DNA鑑定の捏造ですか?簡単にできますよ”

1年ちょっと前のブログに、こんな記事をアップしました。

daisuke0428.hatenablog.com

昨年3月に千葉県松戸市で起きた女児殺害事件の報道が、

守大助さんの「北陵クリニック事件」の報道にソックリだと書きました。

それから1年ちょっと経った現在、

この事件の被告・渋谷恭正さんの裁判員裁判が結審しました。

検察は「死刑」を求刑し、7月6日に判決が言い渡されます。

 

★これから書くことについて誤解のないよう、

最初にお断りしておきます。

私は “渋谷さんは無実” とか “この事件は冤罪だ” と言うつもりはありません。

一度も裁判を傍聴していませんし、

現場に取材に行ったわけでもありませんから…。

 

★ただひとつ、断言しておきたい。

“渋谷さんを犯人と決めつけ、吊るし上げる報道は異常です!”

たとえば千葉日報(いずれも6月15日配信の記事の見出し)

●行方不明「親の責任」渋谷被告、遺族逆なで

●リンさん父「我慢できない」会見で怒り

●リンさん父「犯人に死刑を」

日刊ゲンダイ」に至っては…

●「松戸リンちゃん殺害 残忍すぎる鬼畜男は死刑になるのか?」

 

いずれの記事も、

警察か被害女児のお父さんのハナシをもとに書かれているようです。

その一方で、渋谷さんや渋谷さんの弁護団に取材をした形跡は、

ほとんど読み取れません…。

渋谷さんは “やっていない” と無実を主張しているのです。

だったら渋谷さんサイドにも取材をして、

その言い分を伝えるのがメディアの使命じゃないでしょうか。

 

しかも書かれている内容と言えば、

 “被告を極刑に” という論調ばかり。

無実を主張する被告人を寄ってたかって “死刑にしろ!”

と言わんばかりのヒステリックな報道には戦慄するばかりです。

守大助さんの逮捕当初のセンセーショナルな報道が甦ったようで、

吐き気さえ覚えます。

 

渋谷さんを犯人とする根拠は警察のDNA鑑定です。

ならば試料がいつ、どのように採取され、

どんな方法で鑑定が行われ、

どんなデータが検出されたのか…。

そして鑑定は適切に行われたのか…。

検証した報道は見当たりません。

渋谷さんサイドは “DNA鑑定は捏造された” と主張しています。

 

今回もDNA鑑定を行ったのは、警察の科捜研。

科捜研が公正中立とは程遠い組織であることは、

このブログで度々指摘してきました。

守大助さんの鑑定は捏造が強く疑われていますし、

死刑が執行されてしまった「飯塚事件」では改ざんが明らかになっています。

(こちらをお読みください)

【34】iPS論文データ改ざんと冤罪の構図 - Free大助!

今回の事件についても本当に捏造がないか、

メディアは検証すべきではないでしょうか。

 

最近、ある法医学者の講演を聴く機会がありました。

その方はDNA鑑定のエキスパートでもあり、

数々の冤罪事件の救済に活躍されてきました。

講演終了後の質疑応答で、

参加者が、こんな質問をしました。

“DNA鑑定を捏造することは可能ですか?”

先生はこのように即答しました。

“簡単にできます!でも方法は言えません。

マネされると困りますから”

 

最後にもう一度念を押しますが、

私は渋谷さんが犯人なのか無実なのか判断できませんし、

今回の鑑定を捏造と決めつけているわけでもありません。

しかし…

渋谷さんの主張を、単なる虚言と切り捨てることもできないのです…。

 

メディアは狂っている!この見出し、一瞬目を疑いました。

f:id:daisuke0428:20180618145518p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【63】袴田巖さんと守大助さん〜トータルで見れば無実は明らか〜

袴田巖さんの再審開始決定が東京高裁で取り消されてから、

もうすぐ1週間になります。

袴田さんの無実を決定付けた、

本田克也・筑波大学教授のDNA鑑定を否定しての取り消しでした。

4年前、静岡地裁における再審開始決定を後押ししたのは、

この本田鑑定でした。

 

今回の取り消しを報じたマスメディア各社の報道も、

“DNA鑑定の信用性に対する評価が決定を分けた” という論調でしたが、

実は袴田事件において、DNA鑑定というのは枝葉末節な問題です。

(異論はあると思いますが、あえて言い切ります)

ここだけにフォーカスして再審の是非を争うこと自体、

ナンセンスですし、それこそ検察の思うツボです。

実際に検察は、本田鑑定を執拗に攻撃してきました。

 

■そもそもの前提として袴田事件の問題点とは?

トータルで見ていきましょう。

●警察は “元ボクサー=野蛮な奴” という偏見で、袴田さんを犯人と決めつけた。

●1日平均12時間、拷問的な取り調べを2週間以上続けて自白させた。

●当初、袴田さんはパジャマを着て犯行に及んだとされていた。

●ところが警察は事件から1年以上も経ってから、“実はこっちを着ていました” という新しい犯行着衣=いわゆる“5点の衣類” を発見した。

●“5点の衣類” は、被害者宅に隣接する味噌工場のタンクから発見された。

(本田鑑定はその1つであるシャツに残された血痕のDNAを、袴田さんのモノではないと結論づけた)

●“5点の衣類” は味噌の染まり具合からして、1年以上もタンクに漬かっていないのは明白。

=警察が捏造した疑いが強い。

●しかも衣類のひとつであるズボンは小さすぎて、袴田さんは履けない。

●警察の実況見分調書などに、袴田さんを犯人に仕立て上げるために改ざんしたヵ所が見受けられる。

 

他にも細かく説明すればキリがないのですが、どうでしょうか?

袴田さんは警察によって、強引に犯人にデッチ上げられたのは明白ですよね。

この前提を無視してDNA鑑定だけを争うのがいかに無意味か、

おわかりいただけると思います。

 

■実は守大助さんのケースも、袴田さんソックリです。

大助さんの再審で最大の論点となっているのは警察の鑑定の信用性。

その鑑定というのは…

“被害者とされる5人の患者の尿や血液、点滴液を鑑定したら、

筋弛緩剤の未変化体を示すmz/258が検出された” というものです。

大助さんの弁護団は、

“筋弛緩剤の未変化体で検出されるのはm/z279である。

だから警察の鑑定は間違っている” という主張を軸に闘っています。

258、279、未変化体…何だか難しいハナシですね…。

実際に鑑定をめぐる資料を読んでいると、頭がクラクラしてきます。

しかし難しい鑑定論をパーフェクトに理解できなくても、

大助さんが無実であることは十分にわかります。

 

袴田事件と同じように、トータルで見ていきましょう。

●大助さんには犯行を行う動機がない。

“処遇に不満があって犯行に及んだ”とされているが、

 実際は大助さんは不満を抱いていなかった。

●むしろクリニック内における処遇も人間関係も良好で、

 同僚看護士との結婚も控えていた。

●“筋弛緩剤による” とされている患者さんの急変は、

 いずれも病気や筋弛緩剤以外の薬の副作用によるもの。

●そのことは担当医師のカルテに明記されている。

●しかし警察がカルテを押収したのは逮捕から10日も経ってから。

=最低限の裏付け捜査さえ行わず逮捕に至った。警察は患者さんに接する機会の多かった大助さんを早い段階から“犯人”と決め付け、逮捕ありきで暴走してしまった。

●そもそも筋弛緩剤による犯行のハズなのに、筋肉の弛緩が見られない。

=“筋弛緩剤を使った犯行”というのは警察が思い込みで作り上げた妄想である。

●警察は “オマエが犯行を否認するなら、婚約者の彼女を逮捕するぞ!”

など、脅迫的な取り調べで責め立てて自白に追い込んだ。

●犯行に使われた筋弛緩剤の空容器が19本あるとされている。

●しかしその空容器の現物が一度も提出されていない。

●提出されているのは、容器のロット番号が伏せられた状態で撮影された写真だけ。

=警察または検察が捏造した疑いが強い。

 

■肝心の警察の鑑定も…

●鑑定を行っていれば当然あるハズのデータや実験ノートが提出されていない。

●試料(尿、血液、点滴液)は何百回から何千回も鑑定できる量があった。

●にもかかわらず、警察は全量使い切って残っていないと主張。

●試料を捜査班から鑑定を行う科捜研に渡した際に当然作成されているハズの

「受渡簿」も提出されていない。

=鑑定を行ったことを客観的に証明するモノが何もない!

 

袴田さんの “5点の衣類” 同様に、

大助さんの鑑定も警察によってデッチ上げられた疑いが強いですよね。

鑑定結果の数値を争う以前の問題です。

そして他の要素も併せれば、大助さんの無実は明らかです。

繰り返しになりますが、

そもそも筋弛緩剤を使った犯行など存在しないのです。

患者さんの急変が続いたのを、

警察が勝手に怪しいと思い込み、

大助さんを犯人とする架空のストーリーをデッチ上げ、

事件に仕立て上げてしまったのです。

 

 

もちろん鑑定論は大切です。

難しい科学のステージで奮闘している弁護団には、本当に頭が下がる想いです。

大助さんの有罪を維持する柱が警察の鑑定である以上、そのデタラメさを追求するのは不可欠です。

しかし私たち支援者は、鑑定論だけを切り取って袋小路にハマっていてもダメなんです。 

やはり大切なのは、全てを俯瞰して見ること。

大助さんが何故無実なのか、

わかりやすく社会に発信しなければなりません。

 

実は最高裁判所も 1975年の “白鳥決定” で、

“証拠は個別でなく総合的に判断しろ” という主旨のことを言ってるのです。

白鳥決定について説明をするとまた長くなりますので、

ぜひ検索してください。冤罪と再審を知る大切なキーワードですので。

 

今回はちょっと長くなりましたが、このぐらいで。

f:id:daisuke0428:20180616102745j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【62】袴田巖さんへの決定を受けて〜6.21集会へ来てください!!

本日6月11日、東京高等裁判所は、

袴田巖さんの再審開始決定を取り消すという、

常識では考えられない蛮行に出ました。

 

今日の一連の報道を耳にして、

“えっ!? 袴田さんって、とっくに無罪になったんじゃなかったの?”

と思われた方も多いんじゃないでしょうか。

4年前、静岡地方裁判所は “著しく正義に反する” と再審開始を認め、

48年にわたって獄中につながれていた袴田さんを釈放しました。

とっくに無罪が確定した…と思われても無理はありません。

というか、そう思うのがアタリマエですよね。

 

しかしそうはならないのが、日本の司法のオカしなところ。

日本では裁判所が出した再審開始決定に対して、

検察が異議を申し立てることが認められています。

そして別の裁判官が再度審理を行い、

再審開始決定を取り消す。

検察の言い分をほぼ全面的に認めて…。

こうして再審の機会を奪われてしまった例は少なくありません。

 

再審と検察の問題、一人でも多くの方に知っていただきたいです。

そこで少し前に紹介した6月21日の集会への参加を、

今一度呼びかけたいと思います。

テーマはズバリ「検察は再審を妨害するな!」

「再審開始決定に対する検察官の上訴は許されるのか?」

と題した講演も予定されています。

案内のリンクと、チラシを貼っておきますので、

ぜひ来てください!

今こそ私たちが検察と裁判所にレッドカードを突きつける時です!

 

ゲストとして袴田巖さん本人も予定されていますが、

どうなることやら…。

集会を企画した時は “再審開始決定は間違いないだろう”

という淡い期待もあったのですが…。

 

今回は以上です。

何だかまとまりのない文章になってしまいました。

未だに頭が混乱していて、冷静に筆を進められない状況です。

この問題(とくに検察)については、

また次回、落ち着いて書きたいと思います。

引き続き、お付き合いください。

 

 

f:id:daisuke0428:20180530154333j:plain


daisuke0428.hatenablog.com

 

 

 

 

【61】守大助さん「最高裁第三小法廷」に

前回紹介した、愛知県警の痴漢抑止ポスター、

非難が集中したので回収したそうです。

やはり不条理には声を上げることが大切です。

 

さて守大助さんの最高裁判所の闘いですが、

3つある法廷のうち「第三小法廷」で審理されることになりました。

最高裁HPより「第三〜」の5人の裁判官の

“裁判官としての心構え” を紹介します。

 

●林景一(外交官経験者)

最終審である最高裁判所の判事としての重大な責任をいつも心に留め,世界の中の日本という視点も踏まえながら,中立公平な裁判のため,42年間外交に携わった行政官としての経験を少しでも活かしていきたいと思っています。

●岡部喜代子

公平であろうと努力し,悩みつつ結論を出したいと思います。

山崎敏

私の好きな言葉のひとつに「初心忘るべからず」という言葉があります。これまでの経験に安易に寄り掛かることなく,慢心を戒め,初心に立ち返って,担当する一件一件の事件に誠実に取り組む覚悟です。

●戸倉三郎

世の中には自分の知識や経験では計り知れないことがあるという「畏れ」を忘れず,自分の価値観や経験などで「変換」することなく,物事をありのまま受け止めて考えることを心掛けています。

●宮崎裕子(弁護士経験者)

鳥の目,虫の目,魚の目を偏ることなく働かせ,人の話をよく聞き,視野を広く持って物事を多角的にみるよう心がけることを,実務法曹としての理想の基本姿勢と思ってきました。弁護士とは果たすべき役割に違いがあることをわきまえつつ,裁判官としても,この基本姿勢で臨みたいと思っています。

 

皆さん、立派な志を持たれているようです。

これが単なる口約束かどうか…。

とにかく、声を最高裁に集中させましょう!!

 

最高裁HPより。

f:id:daisuke0428:20180606223445j:plain