Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【74】「東京の会」総会・阿部康雄弁護士のお話②

〈前回から続く〉

■警察のカルテ押収は逮捕から10日後!!

いいですか皆さん、筋弛緩剤が使われたと断定するのに、

何をしなければならないですか?

まずは患者さんのカルテ(診療録)を精査しなければならない。

こんなことは小学生でもわかります。

カルテを精査して、急変の原因が薬剤の副作用でもない、

疾患でもないし、どうみてもわからない…。

最後の最後に、もしかすると人為的なコトが行われたのではないか?

薬物を投与してワルさをした人がいるんじゃないか?

という流れで捜査を進めるのが、アタリマエですよね。

ところが宮城県警は1月6日に守君を逮捕して、

その10日後にやっとカルテを入手した。

にもかかわらず、この時点でもうマスコミに大々的に発表して、

世の中じゅうが筋弛緩剤事件で大騒ぎです。

 

■筋弛緩剤による犯行など、そもそも存在しない

検察もあと10日で起訴を決めなければならない。

私たち弁護団は「やめろ、不起訴裁定書を書け」と申し立てをしたんです。

しかし貸す耳もなく起訴しました。

その間に、亡くなった89歳の女性について2件目の逮捕。

これは主治医の先生も、

「原因は筋弛緩剤ではなく心筋梗塞」とおっしゃっている。

守君も接見したら、

「冗談じゃないですよ。私が心筋梗塞という診断書を渡したんですから」と。

3件目は1歳の女児で、一過性の虚血性能発作。程なくして元気になった。

4件目は45歳の外来の男性で、抗生物質の副作用。

同じく主治医の先生も「筋弛緩剤でない」と。

5件目は5歳の男児で、FESの手術だった。

守君が “やった” とされる5件の急変は、いずれも病気や薬の副作用によるもの。

筋弛緩剤なんて関係ないんです。

 

■“真犯人”は『ミトコンドリア病メラス』だった

ただし発端となった11歳の女児については、具体的な病名がわからなかった。

それでもカルテには “神経症状と考えられる” と、

つまり中枢神経症状ですよ。

公判でも小川龍先生が “原因は不明であるが急性脳症、筋弛緩剤ではない” と。

それが再審請求で、

難病の『ミトコンドリア病メラス』であることが明らかになったんです。

女児が昼間、クリニックを受診するきっかけになったのは腹痛と嘔吐。

これは『ミトコンドリア病メラス』の症状と一致します。

ところが宮城県警は夕方に点滴をした5分後の急変、

“モノが二重に見える” “呂律が回らなくなった”という部分しか見なかった。

だから “原因は点滴だ!” と。

全体の流れを見ないでこんな捜査をしていたら、

往々にして間違えますよね。

思い込みで “やったのは守だ!” という筋書きで突っ走ってしまった。

だからカルテさえ調べなかった。

それがこの事件の真相です。

アホじゃないですか!! 声を大にしてトンデモない捜査だと言いたい!!

 

■一番ワルいのは裁判所です。

検察の主張も “土橋鑑定で筋弛緩剤が出た!” 一本です。

この鑑定もですね、トンでも鑑定です。

質量分析というのは、原子と分子の体重計なんです。

ですから筋弛緩剤の標品(未変化体)を分析して出る数値はm/z279。

これは日本を含む万国共通の認識なんです。

海外のどの文献を見ても、土橋のいうm/z258が出るとは書いてありません。

258と言っているのは、世界中で土橋だけ。

ですから二審の仙台高等裁判所では、

鑑定資料は全量消費したと言っているが、

筋弛緩剤の標品の鑑定できるでしょうと。

それで258が出てくるか、疑問なので再鑑定をやりましょうと。

これは当たり前の要求じゃないですか!

ところが仙台高裁は、再鑑定は不要であると。

“土橋が258を出したと言っているのだから間違いない。

分析装置が違えば、279じゃなくて258がでてもおかしくないんだ” と。

皆さん、こんなのが裁判官をやっているんです。

 

最近、行政官僚が公文書の隠蔽や改ざんをやっているって騒がれているでしょう。

こんなこと、裁判所はもう何十年も前からやっていますよ。

で…最高裁でも “土橋は間違いないんだ” で、

無期懲役の刑が確定(2008年)してしまった。

一番ワルいのは裁判所です。冤罪を完成させるのは裁判官ですから。

〈次回に続く〉

 

阿部康雄弁護士。写真は今年2月、仙台での記者会見時。

f:id:daisuke0428:20180910193537j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

【73】「東京の会」総会・阿部泰雄弁護士のお話①

8月18日(土)の「東京の会」総会には昨年に続き、

阿部泰雄・弁護団長を招いて、事件の問題点を改めて共有しました。

阿部弁護士は2001年1月9日、

守大助さんが逮捕された3日後にはじめて接見して以来、

17年にわたって無罪を勝ち取るために闘っています。

総会でのお話を、何回かにわけて紹介します。

※はじめての方は分かりにくいヵ所があるかもしれません。追って補足説明したいと思います。

 

■証拠の資料は?全量消費しました…でも有罪

弁護士の阿部泰雄です。

去年の7月に東京しゃべらせていただいて、約1年ぶりかと思います。

その間、今年の2月28日に仙台高等裁判所で、

再審請求の即時抗告棄却という決定が出ました。

棄却直後の記者会見で私は、

“今回の決定は、科学に対する無謀な挑戦だ!” と批判しました。

守君の有罪の根拠になっているのは、

大阪府警の土橋均(つちはしひとし)吏員による鑑定です。

まず筋弛緩剤「マスキュラックス」の標品(製品)を質量分析装置で調べたら、

m/z258という電気信号が出た。

次に5人の患者さんの鑑定資料(尿、血液、点滴溶液)を調べたら、

同じくm/z258が出たと。

従って筋弛緩剤が使われたと、こういう論理なんです。

しかも鑑定資料は全て使い切ったと、再鑑定させないわけです。

 

これは皆さん、ドーピング問題を考えてもね、

あるいは競走馬の薬物疑惑でも、

不利益処分を受ける側は再鑑定を受ける権利が保証されているんです。

ところが死刑や無期懲役もあり得る重大な事件で、

被告側に再鑑定をさせないというのは、どういうことなのか?

裁判所はこんなヒドいことをやっているんです。

ある若い裁判官にきいたら “そんなのは証拠能力がない” と、

感想を述べていました。

しかし仙台地方裁判所の判断(2004年の一審)は、

全量消費は合理性がないわけではないという判断で、有罪・無期懲役です。

判決の夜、NHKの「あすを 読む」でも若林誠一解説委員が、

「資料が残っていない場合は、証拠として認めないことが必要ではないか」と、

ハッキリ言っていました。

 

■筋弛緩剤と真逆の症状…でも有罪

日本医大麻酔科の小川龍先生は、被害者とされる11歳の女児の症状を見て、

“筋弛緩剤なんて及びもつかない。症状がまるで逆だ!” と。

仙台地裁で証言してくださいました。

麻酔学会の頂点にいる先生が、ハッキリと否定したんです。

筋弛緩剤というのは神経と筋肉の連絡を断って、筋肉を緩めて弛緩させる。

だから本来は最初に呼吸筋がやられて、

酸素が脳に行かなくなって、最後に脳がやられる。

(※そのため手術等で筋弛緩剤を使うときには人工呼吸が行われる)

ところが小川先生は、女児の症状を見て “これは逆だよ” と。

はじめに何らかの原因で脳に障害が起きたんだと。

そこで呼吸中枢がやられて、その後に呼吸とか循環機能が低下した。

心拍数が落ちて呼吸数も落ちているんです。

 

動物実験では筋弛緩剤を投与すると、必ず浅く早い呼吸になる。

何故なら呼吸筋がやられても一気に止まるわけではないので、

大きな呼吸ができない代わりに早くなる。心拍数も上がるんです。

ところが女児の症状は呼吸数も心拍数も下がっている。

つまり呼吸中枢と循環中枢が先にやられた。

脳が先で、胸(呼吸)が後だと。

筋弛緩剤は胸が先で脳が最後。これはハッキリしているんです。

しかし仙台地裁は、この疑問に何も答えていない。

400ページもある判決文の中で、まったく触れていないんです。

 

私は小川先生以外にも何人ものお医者さんに会っていますが、

皆さん、筋弛緩剤じゃないとおしなべて言っている。

 麻酔医師だって神経内科だって。

 そもそも女児には、筋の弛緩がないんです。

女児は2000年10月31日「北陵クリニック」に入院した日に急変します。

そして仙台市立病院に搬送されて心肺停止まで行ってしまいますが、

救急隊員が蘇生させて、命だけは取り留めます。

問題はですね…なぜ女児が脳梗塞のような症状をきたしたのか?

市立病院の小児科の先生もわからなかった。

 

そしてこれは大事なポイントなので申し上げますが、

11月30日に「北陵クリニック」の女医(半田郁子・副院長)の

旦那さん(半田康延・東北大学教授=クリニックのオーナー)が、

同僚の法医学教授に相談をします。

それを聞いた法医学の先生は当時大阪で愛犬家殺人事件という、

サクシン」という筋弛緩剤を使った事件がピンと来て、

“「北陵クリニック」を調べてくれ” と、宮城県警に情報提供をした。

そういうことで県警の捜査陣はすっかり舞い上がってしまい、

本来は医学的な裏付け捜査をしなければならないのに、

それもやらないでアタマから筋弛緩剤を使った犯行と断定して、

何も証拠がないのに守君を逮捕してしまった。

当時の捜査主任の高橋という警部も、

“本件の捜査の端緒は何か” という私の質問に、

“犬殺し(筋弛緩剤)が使われた可能性がある”という、

法医学教授からの情報提供だったと答えています。

〈次回に続く〉

 

裁判の不条理をアツく語る、阿部泰雄弁護士。

f:id:daisuke0428:20180907161346j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【72】この間の活動&守祐子さんの訴え@高知

前回から10日以上…またまた更新が滞ってしまいました。

(これ言うの何回めだ!いい加減にしろ!と言われても仕方ありません)

 

8月は本業の仕事もプライベートもバタバタしていましたが、

何とか守大助さんの支援活動は続けています。

◆8月18日(土)「守大助さん東京の会」総会

 仙台から阿部康雄・弁護団長を招きました。

 「東京の会」の今年度の体制や方針も発表しました。

◆8月25日(土)〜26日(日)「関東連絡会・交流会」

 大助さんの支援活動をしている仲間が関東一円から集まり、

 今後の活動方針などについて、泊まり込みで議論を交わしました。

 茨城、栃木、千葉、神奈川、東京、さらには宮城や兵庫から約40人が参加。

 場所は奥多摩のパワースポットとして名高い御岳山。

 こちらの宿にお世話になりました。

 駒鳥山荘総合ページ

 眺望の素晴らしい、風格のある宿でした。

◆8月29日(木)最高裁判所要請

 このブログでも2回ほど紹介した、

 最高裁で闘う5つの再審事件が合同で行っている毎月恒例の要請です。

 今回は鹿児島から「大崎事件」の弁護団も駆けつけ、

 鹿児島のテレビ局も取材に来ていました。

 それぞれの内容は、改めて報告します。

 

さて…関東連絡会の交流会と同じ8月25日、お母様の守祐子さんは、

高知で開催された「日本母親大会」に参加。

壇上から息子・大助さんの無実を訴えていました。

母親大会って何?という方はこちらのリンクを参照。

 日本母親大会【公式ページ】

 

同大会に参加した支援者から、祐子さんの発言が届きましたので紹介します。

「私は無実の罪で17年間も拘束されている守大助の母親の守祐子です。

息子は怪我で入院した際手厚い看護に感動し看護職を志し仕事に誇りをもち、

一生懸命頑張っていました。

病気が原因で急変患者が出たものを、警察が素人判断で事件と勘違いし、

動機も目撃者も証拠もない息子を犯人に仕立て上げたのです。

唯一の鑑定資料を全量消費したとして廃棄するなど、

再鑑定を不能にし無期懲役にされたのです。

息子は無実です。私が産んで、私が育てた子どもです。

一日でも長く一緒に暮らせるよう息子を助けてください。

署名にご協力ください。」

とても力強い発言だったそうです。

4300人の参加者の胸に、必ず届いたことでしょう。

 

祐子さんは古希を過ぎ、体力的にも相当シンドイはず。

息子の無実を訴えて全国を飛び回る生活から、

一刻も早く解放しなければ!と、つくづく思います。

ご両親が元気なうちに、塀の外で大助さんとの再会を実現せねば!

と決意を新たにし、東京でも引き続き活動に力を注ぎます。

 

守祐子さんは、地元紙『高知民報』にも紹介されました。

f:id:daisuke0428:20180903144925j:plain

 

 

 

 

 

 

 

【71】仲間を増やして持続可能な活動を

前回の記事が8月8日。

更新が滞ってしまいまして、申し訳ございません。

今市事件について思うことの続きとか、

いろいろ書きたいことはあるのですが、

多忙にかまけてつい…という状況が続いてしまいました。

 

そしていつも読んでいただき、ありがとうございます。

毎月10日ほどで、100を超えるアクセスをいただいています。

私の知らない所でたくさんの皆さまが読んでいただいていること、

大変心強く感じています。

 

ブログの更新は滞りましたが、守大助さんの支援活動は続けています。

昨日18日(土曜日)は「東京の会」総会を無事に開催できました。

総会は年1回、主に会員さんを招いて、

1年の活動や財政状況を報告し、

今後の活動方針の提起を行う大切な行事です。

私たちの活動は、支えて下さる会員の皆さまの善意で成り立っています。

なので会員さんへの報告はしっかり行わなければなりません。

また大助さんの自由を取り戻すまで闘い続ける!

という意志を共有する機会でもあります。

 

今回も昨年に続いて、仙台から阿部泰雄弁護団長を招いて、

2月28日仙台高等裁判所の棄却決定のおかしさ、

最高裁の闘いについて、伺いました。

内容は機会を改めて紹介したいと思いますが、

弁護団長の話を聴いて “これは何とかしなければ” と、

新たに「東京の会」に入会してくださった方もいました。

 

8月25日には東京近郊の山の中で、

東京、三多摩、神奈川、茨城、千葉、栃木など、

関東一円から大助さんの支援者が集まって1泊の合宿を行う予定です。

無実を訴える声を頑までに拒否し続ける裁判所を相手にどう闘うか、

本当に厳しい状況です。

私たちが一丸とならなければなりません。

 

とにかく「東京の会」の仲間を増やして、

他の大助さんの支援団体とも協力を深めて、

闘いを盛り上げていきたいです。

弁護団は法廷で本当に頑張っています。

私たちも法廷の外で声を大にして、

“大助さんは無実!” という世論を広げていきます。

 

そして息子の無実を訴えて全国を駆け回る大助さんのご両親、

本当に頭が下がる想いです。

今回は体力的なことも考慮して総会は欠席していただきました。

大助さんと元気に再会するのが第一ですから、無理は禁物。

 

前回も書きましたが “40代のうちに塀の外” という目標を持ちつつ、

無理なく持続可能な活動をすることが、大切なんだと思っています。

 

昨日の総会の様子…と言っても私はほとんど壇上にいたのでこれぐらいしか撮っていません。写真も改めて。

f:id:daisuke0428:20180819204140j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【70】守大助さんからのメッセージ

前回紹介した「今市事件」の勝又拓哉さんへの不当判決

東京高裁の法廷では何と…

判決理由の読み上げが5時間近く続いたそうです。

勝又さんはその間、臆することなく裁判官を凝視し続けたそうです。

今回はこの判決がいかにヒドいものか書こうと思っていたところ、

守大助さんから手紙が届きましたので、予定を変更して紹介します。

(今市事件は意味不明の判決要旨を読むだけで頭がオカシくなりそう。もう少し時間をください)

では以下より大助さんのメッセージ、一部を抜粋して紹介します。

 

最高裁が本当に最高の仕事をしてほしいものです。

冤罪で人生をメチャメチャにされているのです!

そのことを知ってもらいたい。

やっていないから、私は無実を訴え、

無期懲役が)確定しても、こうやって再審請求しているのです。

それを裁判官という人は、どう思っているのか?

無実の訴えを無視、無実の証拠を無視することが、

日本の刑事裁判官のやることなのでしょうか!

黒い法服を着ると、なんでも許されてしまうと思っているのでしょうか。

誤判しても罰せられないからでしょうネ。

裁判所の改革が一番必要です。

 

以上です。

大助さんの無期懲役が確定し、

千葉刑務所に収監されたのは2008年8月。

もうそれから10年になります。

面会した時、

“ちょうど北京オリンピックの年だった” と言っていました。

それからロンドン、リオと2度のオリンピックを経て、

2020年の東京は、絶対に塀の外で観戦できるよう、

支援者・弁護団と力を合わせて闘っていきたいです。

大助さんも “40代のうちに出る!” という決意とともに、

塀の中で闘っています。

奇しくも2020年、大助さんは49歳の誕生日を迎えます。

 

相変わらずシッカリしたキレイな字で書かれている。

字のヘタな私は見習わねば…。

f:id:daisuke0428:20180808221858j:plain

 

 

 

 

 

 

 

【69】今市事件、裁判崩壊さらに進む

8月3日(金曜日)、東京高等裁判所は、

「今市事件」で無実を訴える勝又拓哉さんの声を退け、

無期懲役を宣告しました。

 

「今市事件」の概要については、

一番下に添付したパンフをご覧ください。

とても分かりやすくまとめられていますので。

ここでは簡単に冤罪のポイントを紹介します。

①“凶器”がない。

 勝又さんが犯行に使った “凶器” とされる、

 ナイフやスタンガンが裁判に提出されていません。

 警察が勝手に“こんな凶器を使った”というシナリオをデッチ上げ、

 自白を強要したとしか思えません。

 守大助さんの事件もそうですが、

 重要な証拠であるハズの凶器が出てこないのは、

 多くの冤罪事件に共通して見られるパターンです。

②犯行を行った証拠がない。

 自白では “被害者の女児を立たせて、その右肩を左手でつかみ、

 右手で10回刺した”。とされています。

 わざわざ立たせて片方の手でつかんで刺すって…?

 何故そんな面倒なコトをするのでしょうか?

 警察はオカしなシナリオを考えたモノです。

 (空想でデッチ上げられた)犯行方法が不自然というのも、

 多くの冤罪事件に共通するパターンです。

 さらに勝又さんは “わいせつ行為” をしたコトになっていますが、

 被害女児の遺体から行為を示すDNAは検出されていません。

 それどころか警察の鑑定データからは、

 勝又さんでない第三者(真犯人の可能性が大!)のDNAの存在が確認されています。

 

“勝又さんの部屋から被害女児の遺体らしき映像が見付かった”

という報道もあましたが、完全なガセらしいです。

 “勝又さん=犯人” という印象を拡散させるため、

警察がリークしたウソを一部のメディアが垂れ流したのでしょう。

こうしたネガティブな印象捜査が行われるのも、

多くの冤罪事件に共通して見られること。

要は犯人であることを裏付ける証拠がないから、

ワルい奴というレッテルを張ってデッチ上げればいいや…ということです。

たとえば「今市事件」と同じ栃木県で、

女児が犠牲になった冤罪「足利事件」。

“犯人” とされた菅家利和さんが逮捕された当初、

菅家さんはロリコンマニアだという報道がされましたが、

これも完全なガセです。

 

勝又さんのお母さんによると、

小学6年生の時に台湾から日本にやって来た勝又さんは、

日本語がうまく話せず、学校にも溶け込めず不登校になっていったそうです。

そしてお母さんが偽ブランド品の販売に手を出してしまい、

勝又さんが商品情報をコンピューターに入力する作業を手伝うようになったことから、

“引きこもってコンピューターをイジるアヤしい奴”

と、警察に目を付けらてしまったようです。

地域から孤立した弱者が凶悪犯に仕立て上げられてしまうのも、

冤罪が生み出される典型的なパターンです。

 

さらに許されないが検察の「訴因変更」

これまで紹介したように、

勝又さんが犯人でないことが明らかになるにつれて、

検察は有罪の立証が困難になってきました。

そこで犯行場所を “栃木県か茨城県内、またはそれら周辺” とボカすなど、

当初の起訴内容を大幅に変更したいと申し出てきたのです。

これが「訴因変更」、検察の事実上の「白旗」です。

刑事裁判の鉄則として、検察が有罪を立証できない場合、

裁判所は「無罪」を言い渡さなければなりません。

いわゆる “疑わしきは被告人の利益” です。

以前にも書きましたので、こちらをご一読ください。

【36】無実の人は無罪に!〜疑わしきは被告人の利益って?〜 - Free大助!

なのでこの事件は速やかに無罪になるべきです。

しかし東京高裁は検察の訴因変更をスンナリと認め、

“とにかく勝又さんが犯人だ” と有罪・無期懲役にしてしまったのです。

 

たとえばボクシングの試合を考えてみましょう。

一方の選手が顔面にパンチを受けすぎて、

このままではKO負けになるのが明らか…となったとします。

しかしその選手は売り出し中のスター候補生。

どうしても勝たせたい主催者とプロモーターは相談します。

“次のラウンドからは顔面パンチを禁止にして、

 ボディ(腹)しか打てないようルールを変更しよう!”

仮にボクシングでこんなコトが行われたら…

いや、そもそもこんなアホなコトをやるハズがありませんよね。

そのアホなことが平然と行われているのが、刑事裁判の法廷なのです…。

 

東京高裁は6月には、袴田巖さんの再審請求を棄却したばかり。

日本の刑事裁判は、もはや無法地帯です。

今後もトンでもない手法で、多くの冤罪が生み出されるでしょう。

その先頭に立っているのが他ならぬ裁判所であることを、

私たちはシッカリ認識しておかなければなりません。

 

今市事件のパンフレット。とてもよく書かれていますので、ご一読ください。

f:id:daisuke0428:20180806151653j:plain

 

f:id:daisuke0428:20180806151715j:plain

 

 

 

 

 

 

【68】最高裁要請、行ってきました!!

今日は最高裁判所に、

守大助さんの再審開始を求める要請に行ってきました。

他の冤罪事件との統一要請というカタチで、

私は5月に続いて2回目の参加となりました。

前回の様子や “そもそも最高裁要請とは?”

については、こちらをご覧ください。

daisuke0428.hatenablog.com

東京のほか、神奈川と茨城からも支援者が駆けつけ、

それぞれに大助さんの再審開始を訴えました。

私が強調したのは、証拠に基づいて決定を出して欲しいこと。

このブログでも何度か指摘していますが、

奇妙なことに大助さんの事件では、

有罪の根拠とされる重要な証拠がほとんど開示されていません。

筋弛緩剤の成分が出たという警察の鑑定データも、

鑑定を行ったことを証明する受渡簿も、

犯行に使われたと “される” 筋弛緩剤の空容器も…。

千葉刑務所に面会に行く度に、大助さんは訴えます。

「何故、裁判所は検察に証拠開示を命じないのか。

僕は “ないもの” を出せと言っているのではない。

検察が “ある” と主張しているものを開示して欲しいという、

ごくアタリマエのお願いをしているに過ぎない」

そんな大助さんの切実な声を、本人に代わって伝えてきました。

対応してくれたは前回と同じく上席書記官のセキグチさん。

相変わらずポーカーフェイスなので、どこまで通じているのか…?

 

しかし私たちがするべきは、

大助さんが無実という世論を広げると同時に、

最高裁にできる限り多くの声を集中させること。

最高裁は「東京の会」の地元ですから、

なおさら活動に力を入れなければなりません。

 

要請には湖東記念病院事件の西山美香さんも、

滋賀県から駆けつけました。

 

昨年12月20日に大阪高裁で再審開始決定が出たこと。

それがとても嬉しかったこと。

しかし5日後に検察が特別抗告をしたため、

最高裁での闘いを強いられ、

とても不安な毎日を過ごしていること。

一通り自分の想いを訴えた西山さんは最後に、

“他の事件のことも考えて欲しい。お願いします” と、

締めくくりました。

自分のコトだけでも大変なハズなのに、

他の冤罪仲間ことも気にかけている…。

訴えを聴いていて涙が出そうになりました。

本当に頭が下がる想いです。

 

湖東記念病院事件の概要は、こちらをご覧ください。

【30】クリスマスの日、守大助さんに面会してきました! - Free大助!

 

いつ、どんな決定が出るか予断を許さない状況ですが、

最高裁での闘う冤罪事件に引き続き、ご注目ください!!

 

西山美香さん(中央)。昨年12月20日、大阪高裁の再審開始直後の様子。右は冤罪・東住吉事件の青木恵子さん。(写真は日本国民救援会HPより)

 

f:id:daisuke0428:20180726152524j:plain