Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【64】“DNA鑑定の捏造ですか?簡単にできますよ”

1年ちょっと前のブログに、こんな記事をアップしました。

daisuke0428.hatenablog.com

昨年3月に千葉県松戸市で起きた女児殺害事件の報道が、

守大助さんの「北陵クリニック事件」の報道にソックリだと書きました。

それから1年ちょっと経った現在、

この事件の被告・渋谷恭正さんの裁判員裁判が結審しました。

検察は「死刑」を求刑し、7月6日に判決が言い渡されます。

 

★これから書くことについて誤解のないよう、

最初にお断りしておきます。

私は “渋谷さんは無実” とか “この事件は冤罪だ” と言うつもりはありません。

一度も裁判を傍聴していませんし、

現場に取材に行ったわけでもありませんから…。

 

★ただひとつ、断言しておきたい。

“渋谷さんを犯人と決めつけ、吊るし上げる報道は異常です!”

たとえば千葉日報(いずれも6月15日配信の記事の見出し)

●行方不明「親の責任」渋谷被告、遺族逆なで

●リンさん父「我慢できない」会見で怒り

●リンさん父「犯人に死刑を」

日刊ゲンダイ」に至っては…

●「松戸リンちゃん殺害 残忍すぎる鬼畜男は死刑になるのか?」

 

いずれの記事も、

警察か被害女児のお父さんのハナシをもとに書かれているようです。

その一方で、渋谷さんや渋谷さんの弁護団に取材をした形跡は、

ほとんど読み取れません…。

渋谷さんは “やっていない” と無実を主張しているのです。

だったら渋谷さんサイドにも取材をして、

その言い分を伝えるのがメディアの使命じゃないでしょうか。

 

しかも書かれている内容と言えば、

 “被告を極刑に” という論調ばかり。

無実を主張する被告人を寄ってたかって “死刑にしろ!”

と言わんばかりのヒステリックな報道には戦慄するばかりです。

守大助さんの逮捕当初のセンセーショナルな報道が甦ったようで、

吐き気さえ覚えます。

 

渋谷さんを犯人とする根拠は警察のDNA鑑定です。

ならば試料がいつ、どのように採取され、

どんな方法で鑑定が行われ、

どんなデータが検出されたのか…。

そして鑑定は適切に行われたのか…。

検証した報道は見当たりません。

渋谷さんサイドは “DNA鑑定は捏造された” と主張しています。

 

今回もDNA鑑定を行ったのは、警察の科捜研。

科捜研が公正中立とは程遠い組織であることは、

このブログで度々指摘してきました。

守大助さんの鑑定は捏造が強く疑われていますし、

死刑が執行されてしまった「飯塚事件」では改ざんが明らかになっています。

(こちらをお読みください)

【34】iPS論文データ改ざんと冤罪の構図 - Free大助!

今回の事件についても本当に捏造がないか、

メディアは検証すべきではないでしょうか。

 

最近、ある法医学者の講演を聴く機会がありました。

その方はDNA鑑定のエキスパートでもあり、

数々の冤罪事件の救済に活躍されてきました。

講演終了後の質疑応答で、

参加者が、こんな質問をしました。

“DNA鑑定を捏造することは可能ですか?”

先生はこのように即答しました。

“簡単にできます!でも方法は言えません。

マネされると困りますから”

 

最後にもう一度念を押しますが、

私は渋谷さんが犯人なのか無実なのか判断できませんし、

今回の鑑定を捏造と決めつけているわけでもありません。

しかし…

渋谷さんの主張を、単なる虚言と切り捨てることもできないのです…。

 

メディアは狂っている!この見出し、一瞬目を疑いました。

f:id:daisuke0428:20180618145518p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【63】袴田巖さんと守大助さん〜トータルで見れば無実は明らか〜

袴田巖さんの再審開始決定が東京高裁で取り消されてから、

もうすぐ1週間になります。

袴田さんの無実を決定付けた、

本田克也・筑波大学教授のDNA鑑定を否定しての取り消しでした。

4年前、静岡地裁における再審開始決定を後押ししたのは、

この本田鑑定でした。

 

今回の取り消しを報じたマスメディア各社の報道も、

“DNA鑑定の信用性に対する評価が決定を分けた” という論調でしたが、

実は袴田事件において、DNA鑑定というのは枝葉末節な問題です。

(異論はあると思いますが、あえて言い切ります)

ここだけにフォーカスして再審の是非を争うこと自体、

ナンセンスですし、それこそ検察の思うツボです。

実際に検察は、本田鑑定を執拗に攻撃してきました。

 

■そもそもの前提として袴田事件の問題点とは?

トータルで見ていきましょう。

●警察は “元ボクサー=野蛮な奴” という偏見で、袴田さんを犯人と決めつけた。

●1日平均12時間、拷問的な取り調べを2週間以上続けて自白させた。

●当初、袴田さんはパジャマを着て犯行に及んだとされていた。

●ところが警察は事件から1年以上も経ってから、“実はこっちを着ていました” という新しい犯行着衣=いわゆる“5点の衣類” を発見した。

●“5点の衣類” は、被害者宅に隣接する味噌工場のタンクから発見された。

(本田鑑定はその1つであるシャツに残された血痕のDNAを、袴田さんのモノではないと結論づけた)

●“5点の衣類” は味噌の染まり具合からして、1年以上もタンクに漬かっていないのは明白。

=警察が捏造した疑いが強い。

●しかも衣類のひとつであるズボンは小さすぎて、袴田さんは履けない。

●警察の実況見分調書などに、袴田さんを犯人に仕立て上げるために改ざんしたヵ所が見受けられる。

 

他にも細かく説明すればキリがないのですが、どうでしょうか?

袴田さんは警察によって、強引に犯人にデッチ上げられたのは明白ですよね。

この前提を無視してDNA鑑定だけを争うのがいかに無意味か、

おわかりいただけると思います。

 

■実は守大助さんのケースも、袴田さんソックリです。

大助さんの再審で最大の論点となっているのは警察の鑑定の信用性。

その鑑定というのは…

“被害者とされる5人の患者の尿や血液、点滴液を鑑定したら、

筋弛緩剤の未変化体を示すmz/258が検出された” というものです。

大助さんの弁護団は、

“筋弛緩剤の未変化体で検出されるのはm/z279である。

だから警察の鑑定は間違っている” という主張を軸に闘っています。

258、279、未変化体…何だか難しいハナシですね…。

実際に鑑定をめぐる資料を読んでいると、頭がクラクラしてきます。

しかし難しい鑑定論をパーフェクトに理解できなくても、

大助さんが無実であることは十分にわかります。

 

袴田事件と同じように、トータルで見ていきましょう。

●大助さんには犯行を行う動機がない。

“処遇に不満があって犯行に及んだ”とされているが、

 実際は大助さんは不満を抱いていなかった。

●むしろクリニック内における処遇も人間関係も良好で、

 同僚看護士との結婚も控えていた。

●“筋弛緩剤による” とされている患者さんの急変は、

 いずれも病気や筋弛緩剤以外の薬の副作用によるもの。

●そのことは担当医師のカルテに明記されている。

●しかし警察がカルテを押収したのは逮捕から10日も経ってから。

=最低限の裏付け捜査さえ行わず逮捕に至った。警察は患者さんに接する機会の多かった大助さんを早い段階から“犯人”と決め付け、逮捕ありきで暴走してしまった。

●そもそも筋弛緩剤による犯行のハズなのに、筋肉の弛緩が見られない。

=“筋弛緩剤を使った犯行”というのは警察が思い込みで作り上げた妄想である。

●警察は “オマエが犯行を否認するなら、婚約者の彼女を逮捕するぞ!”

など、脅迫的な取り調べで責め立てて自白に追い込んだ。

●犯行に使われた筋弛緩剤の空容器が19本あるとされている。

●しかしその空容器の現物が一度も提出されていない。

●提出されているのは、容器のロット番号が伏せられた状態で撮影された写真だけ。

=警察または検察が捏造した疑いが強い。

 

■肝心の警察の鑑定も…

●鑑定を行っていれば当然あるハズのデータや実験ノートが提出されていない。

●試料(尿、血液、点滴液)は何百回から何千回も鑑定できる量があった。

●にもかかわらず、警察は全量使い切って残っていないと主張。

●試料を捜査班から鑑定を行う科捜研に渡した際に当然作成されているハズの

「受渡簿」も提出されていない。

=鑑定を行ったことを客観的に証明するモノが何もない!

 

袴田さんの “5点の衣類” 同様に、

大助さんの鑑定も警察によってデッチ上げられた疑いが強いですよね。

鑑定結果の数値を争う以前の問題です。

そして他の要素も併せれば、大助さんの無実は明らかです。

繰り返しになりますが、

そもそも筋弛緩剤を使った犯行など存在しないのです。

患者さんの急変が続いたのを、

警察が勝手に怪しいと思い込み、

大助さんを犯人とする架空のストーリーをデッチ上げ、

事件に仕立て上げてしまったのです。

 

 

もちろん鑑定論は大切です。

難しい科学のステージで奮闘している弁護団には、本当に頭が下がる想いです。

大助さんの有罪を維持する柱が警察の鑑定である以上、そのデタラメさを追求するのは不可欠です。

しかし私たち支援者は、鑑定論だけを切り取って袋小路にハマっていてもダメなんです。 

やはり大切なのは、全てを俯瞰して見ること。

大助さんが何故無実なのか、

わかりやすく社会に発信しなければなりません。

 

実は最高裁判所も 1975年の “白鳥決定” で、

“証拠は個別でなく総合的に判断しろ” という主旨のことを言ってるのです。

白鳥決定について説明をするとまた長くなりますので、

ぜひ検索してください。冤罪と再審を知る大切なキーワードですので。

 

今回はちょっと長くなりましたが、このぐらいで。

f:id:daisuke0428:20180616102745j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【62】袴田巖さんへの決定を受けて〜6.21集会へ来てください!!

本日6月11日、東京高等裁判所は、

袴田巖さんの再審開始決定を取り消すという、

常識では考えられない蛮行に出ました。

 

今日の一連の報道を耳にして、

“えっ!? 袴田さんって、とっくに無罪になったんじゃなかったの?”

と思われた方も多いんじゃないでしょうか。

4年前、静岡地方裁判所は “著しく正義に反する” と再審開始を認め、

48年にわたって獄中につながれていた袴田さんを釈放しました。

とっくに無罪が確定した…と思われても無理はありません。

というか、そう思うのがアタリマエですよね。

 

しかしそうはならないのが、日本の司法のオカしなところ。

日本では裁判所が出した再審開始決定に対して、

検察が異議を申し立てることが認められています。

そして別の裁判官が再度審理を行い、

再審開始決定を取り消す。

検察の言い分をほぼ全面的に認めて…。

こうして再審の機会を奪われてしまった例は少なくありません。

 

再審と検察の問題、一人でも多くの方に知っていただきたいです。

そこで少し前に紹介した6月21日の集会への参加を、

今一度呼びかけたいと思います。

テーマはズバリ「検察は再審を妨害するな!」

「再審開始決定に対する検察官の上訴は許されるのか?」

と題した講演も予定されています。

案内のリンクと、チラシを貼っておきますので、

ぜひ来てください!

今こそ私たちが検察と裁判所にレッドカードを突きつける時です!

 

ゲストとして袴田巖さん本人も予定されていますが、

どうなることやら…。

集会を企画した時は “再審開始決定は間違いないだろう”

という淡い期待もあったのですが…。

 

今回は以上です。

何だかまとまりのない文章になってしまいました。

未だに頭が混乱していて、冷静に筆を進められない状況です。

この問題(とくに検察)については、

また次回、落ち着いて書きたいと思います。

引き続き、お付き合いください。

 

 

f:id:daisuke0428:20180530154333j:plain


daisuke0428.hatenablog.com

 

 

 

 

【61】守大助さん「最高裁第三小法廷」に

前回紹介した、愛知県警の痴漢抑止ポスター、

非難が集中したので回収したそうです。

やはり不条理には声を上げることが大切です。

 

さて守大助さんの最高裁判所の闘いですが、

3つある法廷のうち「第三小法廷」で審理されることになりました。

最高裁HPより「第三〜」の5人の裁判官の

“裁判官としての心構え” を紹介します。

 

●林景一(外交官経験者)

最終審である最高裁判所の判事としての重大な責任をいつも心に留め,世界の中の日本という視点も踏まえながら,中立公平な裁判のため,42年間外交に携わった行政官としての経験を少しでも活かしていきたいと思っています。

●岡部喜代子

公平であろうと努力し,悩みつつ結論を出したいと思います。

山崎敏

私の好きな言葉のひとつに「初心忘るべからず」という言葉があります。これまでの経験に安易に寄り掛かることなく,慢心を戒め,初心に立ち返って,担当する一件一件の事件に誠実に取り組む覚悟です。

●戸倉三郎

世の中には自分の知識や経験では計り知れないことがあるという「畏れ」を忘れず,自分の価値観や経験などで「変換」することなく,物事をありのまま受け止めて考えることを心掛けています。

●宮崎裕子(弁護士経験者)

鳥の目,虫の目,魚の目を偏ることなく働かせ,人の話をよく聞き,視野を広く持って物事を多角的にみるよう心がけることを,実務法曹としての理想の基本姿勢と思ってきました。弁護士とは果たすべき役割に違いがあることをわきまえつつ,裁判官としても,この基本姿勢で臨みたいと思っています。

 

皆さん、立派な志を持たれているようです。

これが単なる口約束かどうか…。

とにかく、声を最高裁に集中させましょう!!

 

最高裁HPより。

f:id:daisuke0428:20180606223445j:plain

 

【60】愛知県警のポスター“あの人、逮捕されたらしいよ”

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

このブログでは守大助さんのこと以外にも、

冤罪や刑事司法について、思ったことを書いています。

 

今回は、愛知県警の痴漢抑止ポスターについて。

あらましは、こちらのニュースをご覧ください。

「あの人、逮捕されたらしいよ。」痴漢撲滅の警察ポスターを弁護士が批判。なぜ?(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース

 

“あの人、逮捕されたらしいよ” というキャッチコピーに、

LINEと思われる女性2人のトーク

「聞いた?あの人、痴漢で捕まったらしいよ。」

「えwwwwwwwww」

「本当本当!さっきネットニュースで見た!!!そんな人に見えなかったわ」

「気持ち悪 軽蔑だわ 性犯罪者じゃん」

「仕事もクビになるよねー。家族も悲しむだろうなあ」

「そりゃそうだわ 私は一生関わりたくない」

「この先どうなっちゃうんだろう…」

「そういえば…私先月あの人と電車で偶然会ったよ」

「そうなんだ?! 変なことされなかった?」

「あの時は何もなかったけど」

「なんかもう、あの人のこと思い出したくもない」

「女性の私たちも被害に遭わないよう気をつけなきゃね」

 

たかがポスターと言うなかれ。

記事中で亀石倫子弁護士が指摘しているように、

推定無罪の原則を無視した、トンでもない代物だと思います。

日本広告審査機構JARO)に苦情を申し出ようかと思っているくらいです”。

と言われていますが、

本当にこれは何らかの手を打って、

回収・破棄させなければなりません。

私もどんなアクションを起こす事ができるか、考えます。

 

最大の問題は、制作者が警察であること。

このポスターが世に出るまでには、

当然何人ものチェックを受けたはずです。

このコピーでいいのか…

このデザインでいいのか…

この訴求方法でいいのか…

誰も疑問を差し挟まなかったのでしょうか? 

 

以前、愛媛県警の取り調べマニュアルというのを紹介しました。

【20】これは言わずにいられない〜徳島県警の誤認逮捕〜 - Free大助!

 やはり逮捕=犯人で冤罪など存在しない…というのが警察の本音。

それがポスターにそのまま現れてしまっています。

 

警察は、私たちの暮らしになくてはならない存在。

批判するだけでなく、建設的に変えていく方法を、

引き続き考えていきたいと思います。

 

これがそのポスター。ネットから拾ったので解像度が低めです。

f:id:daisuke0428:20180604001506j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【59】6月21日「くり返すな冤罪!市民集会Ⅱ」へようこそ

前の投稿に続いて、またイベントのご案内です。

 

■「くり返すな冤罪!市民集会Ⅱ」

●6月21日(木)

●夕方6時30分〜

●参加費500円

●文京区民センター3A会議室

 東京メトロ丸ノ内線南北線)「後楽園」 から徒歩6分

 都営地下鉄三田線 「春日」 から徒歩2分

 JR「水道橋」から徒歩10分

※すぐ近くに「文京シビックセンター」という、

似た名前の会場がありますので、お間違いのないように!!

 

昨年の11月には1回目を開催しました。

【24】「くり返すな冤罪!市民集会」で守大助さんのご両親が訴えました! - Free大助!

それから約半年の間に守大助さんの再審請求は棄却。

他の冤罪事件にもいろいろな動きが出て来ており、

闘いは重要な局面を迎えています。

内容は下記のチラシでご確認ください。

「守大助さん東京の会」も、実行委員として参加しています。

平日の夕方ですが、お待ちしています!!

f:id:daisuke0428:20180530154333j:plain

 

【58】6月23日「無実を叫ぶ死刑囚たち」へ

また更新がちょっと空いてしまいました。

仕事がちょっと立て込んでいて…と言い訳になってしまいますが、

堀江貴文氏の「多動力」でも見習って、

本業とボランティア全てをシームレスに両立できるようになりたいです。

 

さて今回はイベントの紹介です。

死刑廃止を目指す「フォーラム90」という運動体によって、

冤罪と死刑に関する集会が、下記の日程で開催されます。

 

■「無実を叫ぶ死刑囚たち〜狭き門のまえで」

●6月23日(土)

●午後1時15分〜4時50分(開場1時)

●参加費500円

●全水道会館大会議室

 JR水道橋から徒歩2分

 都営地下鉄三田線 水道橋A1出口から徒歩1分

 

私は残念ながら参加できませんが、

ぜひ一人でも多くの方に足を運んでいただきたいです。

いよいよ6月11日に再審可否の決定が出る「袴田事件」の小川秀世弁護士と、

飯塚事件」の徳田靖之弁護士も、九州から駆けつけるので。

 

飯塚事件」については、以前もこちらで書きました。

【34】iPS論文データ改ざんと冤罪の構図 - Free大助!

久間三千年さんは、逮捕以来一度も自白することなく、

最後まで無実を訴えたまま処刑されました。

しかも警察が捏造したデタラメなDNA鑑定によって…。

 

そして久間さんを死刑台に送った法務官僚たちは、

天下り先で悠々自適な余生を送っています。

こちらのリンクを、読んでください!!

本日再審可否決定の飯塚事件 「冤罪」久間氏の命を奪った責任者たちの天下り先 : デジタル鹿砦社通信

この事件、私は完全な国家権力による殺人だと思っています。

司法はここまでムゴいことをするということを、

一人でも多くの方に、知って欲しいのです。

最後まで無実を訴えながらも、法務官僚によって“殺された”久間三千年さん。

f:id:daisuke0428:20180530150114j:plain