Free大助!

「無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録

【34】iPS論文データ改ざんと冤罪の構図

報道でご存知かと思いますが、

京都大学iPS細胞研究所の論文で、

データの改ざんが見付かりました。

改ざんを行った助教授は

「論文の見栄えを良くしたかった」と、

不正行為に至った理由を語ったといいます。

 

これって…冤罪が生まれる構図とウリ2つです。

その温床となっているのが、

科学捜査研究所」通称「科捜研」(かそうけん)

全国各地の警察本部に置かれた、

DNA鑑定などの科学的な分析を行う専門機関です。

“科学捜査” というからには、そのシゴトには

中立性が担保されなければならないハズですが、

時として鑑定データの改ざんが行われ、

無実の人を犯人にデッチ上げる道具に使われています。

 

たとえば「飯塚事件」。

これは1992年に福岡県で発生した幼女誘拐殺人事件。

“犯人” とされた久間三千年(くまみちとし)さんは、

逮捕から一度も自白することなく、

一貫して無実を訴えたまま死刑が確定し、

2008年に福岡拘置所で、絞首刑が執行されました!

 

久間さんを有罪にした柱は、

警察がデッチ上げたとしか思えないイイ加減な目撃証言と、

“被害者女児に残されていたDNAと、久間さんのそれが一致した”

という科捜研の鑑定でした。

しかし現在では1990年代当時のDNA鑑定は精度が低く、

とてもアテにできる代物ではないことが分かっています。

 

1990年に栃木県で発生した「足利事件」では、

飯塚事件」と全く同じDNA鑑定が用いられました。

そして2009年、最新鋭の方法で鑑定をやり直したところ、

“犯人”とされた菅家利和さんの潔白が証明され、

再審・無罪を勝ち取ることができました。

 

同じDNA鑑定で一方は無罪、一方は死刑…。

飯塚事件」は久間さんの遺志を継いで、

ご遺族が再審請求を闘っていますが、

その過程でトンでもないことが明らかになりました。

科捜研による鑑定写真のネガを精査したところ、

久間さんのモノではない第三者(真犯人の可能性)のDNAが、

ハッキリと写っていたのです。

そして裁判には、この部分が切り取られて提出されていたのです!!!!!

つまり久間さんは改ざんしたデータを基に、

命を奪われてしまったわけです。

 

科捜研は先ほど書いた通り、警察の一機関。

 捜査サイドの意向から、自由・中立で居られるでしょうか?

“論文の見栄えを良くしたかった” iPSの助教授のように、

“この人を犯人にしたかった” と、

鑑定データの改ざんが行われても、おかしくありません。

もちろん公正・中立を貫き通す鑑定人もいるとは思いますが、

プレッシャーは相当なモノでしょう。

 

そして守大助さんの「北陵クリニック事件」。

大助さんを有罪・無期懲役としている柱は、

やはり科捜研の鑑定。

“5人の患者の点滴液、尿、血液から、

 筋弛緩剤の成分が検出された”

というモノですが、

これがとてつもなくアヤしいんです。

詳細は改めて紹介しますが、

阿部泰雄弁護士はじめ大助さんの弁護団は、

“科学を公正に見れば、必ず無実が証明される”

と再審請求を闘っています。

引き続き、ご注目ください!

 

 飯塚事件」を知るなら、この1冊。ちょっと難しいですが、冤罪のポイントが網羅されています。

f:id:daisuke0428:20180123174001j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【33】2月4日、仙台で守大助さんの再審を求める集会やります!

守大助さんの再審を求める署名は累計20万筆を超え、

支援組織の数も全国で43になりました。

(私たち「東京の会」もその一つです)

 

3月には仙台高等裁判所で、

再審開始の可否決定が出されることがほぼ確実となる中、

2月4日(日曜日)、事件のあった仙台市で、

「再審開始決定を求める全国集会」が開催されます。

 

特別ゲストは「東住吉事件」の青木恵子さん。

1995年に大阪で起きた冤罪事件で、

21年間自由を奪われた末に、

一昨年に再審無罪を勝ち取りました。

そこで青木さんご本人を招き、

大助さんの闘いに何が活かせるかを学びます。

 

この事件については、

改めて書きたいと思いますが、

単なる火災事故を “放火殺人” と思い込んだ警察が、

勝手に犯行のシナリオを描き、

無実の青木さんを“凶悪犯罪者”にデッチ上げるという、

典型的なパターンの冤罪です。

 

翌日の2月5日には記者会見も予定されています。

引き続き、ご注目ください!

 

f:id:daisuke0428:20180122202339j:plain

【32】アダム・スミスの言葉

冤罪に苦しむ人を支援したり、

権力に弾圧された人と連帯するココロを、

“惻隠の情”(そくいんのじょう)と表現した方がいました。

その方は松川事件をはじめ、

いろいろな冤罪・弾圧事件の支援活動を行って来た大先輩です。

平たく言えば、困っている人を思いやりいたわる心…

のようですが、なかなか実感を以て理解できませんでした。

 

そんなタイミングで出会ったのが、

かのアダム・スミスの言葉。

最近読んだ書籍『アメリカンドリームの終わり』

ノーム・チョムスキー著/Discover21刊)

で見つけました。

ちょっと引用してみます。

 

『極悪人すら憐憫の情をもつ』(1795)

いかに利己的であるように見えようと、

人間のなかには、

他人の運命に関心をもち、

他人の幸福を自分にとってもかけがえのないものだと考える、

なんらかの本性がある。

他人の幸福を目にして得られる喜び以外に自分が

得られるものは何もないとしても、

人間はそう思うようにできているのだ。

他人への哀れみや同情も、

この人間の本性のひとつであり、

他人の苦悩を目の当たりにしたり、

目にせざるを得ない状況に追い込まれたときに感じる情動にほかならない。

他人が悲しんでいるとき自分も悲しくなるという事実は、

あまりにも当然すぎて、それを証明する必要すらない。

このような感情は、

他のすべての根源的な感情と同じように、

誰もがもっているものであり、

高潔で慈悲深い人間だけに限られているわけではない。

それをもっとも敏感に感じとるのが

高潔で慈悲深い人間なのかもしれないが、

極悪人と言われている人間や最悪の無法者と言われている人間でさえ、

そのような感情をまったくもたないわけではない。

 

多分 “惻隠の情” と同じニュアンスでしょうか?

その他人の苦悩や哀しみが、

国家権力の横暴にもたらされるものだとしたら…?

そしてその横暴が、

いつしか自分に向けられる恐れのあるものだとしたら…?

これはもう、行動しかありません!

 

『アメリカンドリームの終わり』。スゴく示唆に富んだ1冊。

帯にある“明日の日本に対する警告の書”というコピーは、誇張でも何でもありません。

f:id:daisuke0428:20180122201931j:plain

 

 

 

 

【31】守大助さんから新年のメッセージ

守大助さんから、支援者へのメッセージが届きました。

大助さんは千葉刑務所に2008年に収監され、

10回目の新年を同所で迎えました。

メッセージは大助さんから阿部泰雄弁護士に届けられ、

弁護士を経由して全国の支援団体にFAXされたものです。

大助さんは手紙を発信できる数が制限されているので、

(月に7通)

声を広く伝えたい場合にはこのような方法が取られています。

以下その内容を紹介します。

 

 2018年が始まりました。

即時抗告審で「再審開始・釈放」を勝ち取るという

決意をあらたに、新しい年を迎えました。

皆様、どうかより一層のご支援を宜しくお願い致します。

 

新春とはいえ厳しい寒さが続く毎日ですが、いかがお過ごしですか。

炊事場で作業をしていますので、この年末年始も野菜切りをしていました。

正月という気分は、全国から届いた年賀状(1/4までに560通届きました。)

を一枚一枚読んでいる時間でした。メッセージにとても励まされました!

心強くなりました。私も負けずに無実を訴え闘うことができています!

再審請求における検察の主張は、事実上「白旗」を上げているに等しい

ようなものです。刑事と裁判官は当時(2001年)より責任逃れの発言を

していました。清水刑事は「お前がやったと思って逮捕したが、起訴

するしないは検事だからな!無罪となっても、俺たちに責任はない」。

岸検事は「私は警察が逮捕したから起訴する。裁判で無罪となっても

責任は私にないからな」と。裁判所がなぜ、こんなことを言っている

警察・検察を守るのか!嶋原裁判長には「証拠開示・証人尋問」せずに

再審開始決定した、大阪高裁・後藤裁判長のように(湖東記念病院)、

証拠に基づいて“良心と正義”で判断してほしいです。定年退官前に

再審開始・釈放を決定していただきたい。私は絶対に筋弛緩剤を混入

していません。やっていません!

今年こそ両親の元に帰りたいです。助けて下さい。

2018年1月 無実の守大助

 

以上です。

560通もの年賀状、本当に多くの皆さんが大助さんの無実を確信しています。

清水刑事と岸検事…この2人は自分の仕事に誇りを持っているのでしょうか?

警察官・検察官という以前に、

社会人として、人間としての資質を疑いたくなります。

こうした連中によって、冤罪が作り上げられているのが現状です。

嶋腹文雄裁判長は、大助さんの即時抗告審を担当。

定年退官を前に、この3月に「再審開始の可否」決定を出す予定です。

「湖東記念病院」については、一つ前のブログを参照ください。

 

大助さんの手書きメッセージ。キレイな字、見習わねば…。

f:id:daisuke0428:20180114115649j:plain

 

 

 

 

 

【30】クリスマスの日、守大助さんに面会してきました!

 もう昨年になってしまいましたが、

12月25日に千葉刑務所の守大助さんに面会してきました。

 

今回は「東京の会」の仲間2人と、私の計3人で面会。

いずれも大助さん(46歳)と世代の近い30〜40代で、

紅一点のYさんは何と、

サンタさんの衣装をまとって来ました。

大助さんにささやかなクリスマスプレゼント…ということで、

この日のために買ったそうです(笑)。

冤罪の支援活動には真剣さと同時に、

ちょっとばかりのユーモアも必要です。

 

もう一人は当ブログの【21】で紹介したIさん。

自分の不当解雇裁判の終決を機に、

「東京の会」に本格的に参加するようになった心強い仲間です。

Iさんは大助さんと初対面です。

 

 アクリル板の向こうに現れた大助さんはグレーの作業服姿。

いつも通り “よっ、来てくれたね!” という感じで、

にこやかに迎えてくれました。

無実の罪で自由を奪われてもうすぐ17年、

千葉刑務所に収監されて今年で10年…、

想像を絶する不条理な状況に置かれているにもかかわらず、

笑顔で接してくれる大助さんには、本当に恐縮するばかり。

支援者である私たちの方が勇気づけられます。

 

面会時間は30分。

「東京の会」の活動報告やIさんの自己紹介をした後は、

大助さんの近況を聴きました。

10月から担当している刑務作業である、

食材の下処理はだいぶ慣れたとのこと。

約1000人分の収容者の食事のモトとなる、

ジャガイモやニンジン、タマネギの

下ごしらえをする大変な作業です。

最初は包丁の力加減が分からず悪戦苦闘していましたが、

今では50kgのニンジンを50分で処理できるようになり、

先輩受刑者からは

“1時間30分ぐらいかかると思ったけど、早くできるようになったな” と、

褒められたそうです。

作業の不手際で怒られることもあるけれど、

筋が通った理由なので納得しているとも、話してくれました。

 

そして大助さんは12月20日に出た、

湖東記念病院事件の再審開始決定を、

“最高のクリスマスプレゼントです” と、

まるで自分のことのように喜んでいました。

 

この事件について、少し説明します。

2003年、滋賀県の病院で植物状態の入院患者が亡くなります。

原因は不静脈によるもので、

そもそも事件性はないのですが、

 “人工呼吸器のチューブを引き抜いて殺した” という、

シナリオを勝手に描いた警察は、

看護助士の西山美香さんを逮捕。

山本誠なる刑事は否認する西山さんを厳しく責め立て、

警察の意に添った供述をすると、

急に優しく接するという取調べによって、

強引に自白を引き出します。

ちなみに西山さんがチューブを抜いたという目撃証言や、

抜いたことを示す証拠は何もありません。

 

“そんなことで、やってもいない犯行を認めるの?” と、

疑問を持たれた方は想像してみてください。

今まで警察と無縁で暮らしてきた人が、

いきなり狭い取調室に監禁されて、

刑事にひたすら責め立てられる状況を…。

西山さんは人に迎合しやすい性格だったそうですが、

強い意志の持ち主だって、

耐えられないだろうと言われているのが、

日本の警察の取調べ。

“コイツが犯人” と一度決めつけたら、

どんな手段を使ってでも自白させるのが、

彼等のやり方です。

 

西山さんは裁判になると自白を撤回。

一貫して無実を訴えますが、

有罪となって和歌山刑務所に12年間収監され、

昨年8月に満期出所しました。

そして今回、大阪高等裁判所は、

“病死であった合理的な疑いがある” と、

速やかに再審開始決定を出したのでした。

(例によって、検察は抗告してきました…)

 

どうでしょうか?

医療施設が舞台になっていること、

病死を “殺人事件” と思い込んだ警察が事件化し、

無実の看護スタッフを犯人にデッチ上げた点など、

大助さんの事件ソックリです。

自分のことのように感じられるのも当然でしょう。

 

“考えが甘いと言われるかもしれないけど、

湖東記念病院の流れを自分にも…

と期待せずにはいられない” と最後に語って、

アクリル板の後ろの扉に消えていった大助さん。

 

いや “甘い” なんて言うことはないです!

そもそも悪いのは警察、検察、裁判所。

弁護団や支援者仲間、マスメディアとも協力して、

必ず大助さんの自由を勝ち取ります!

そのように決意を新たにした面会でした。

 

面会終了後、千葉刑務所の正門前で自撮り。左からYさん、Iさん、事務局長の私です。

f:id:daisuke0428:20180102195130j:plain

 

【29】何故、検察は再審開始を妨害してはダメなのか?

更新が1ヵ月近く滞ってしまいましたが、

2018年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

守大助さんをはじめ無実を訴えて闘う皆さんに、

一刻も早く朗報がもたらされますように!

 

さて新年1回目は前回予告した通り、

“再審と検察” について書きます。

 戦後長らく“針の穴にラクダを通す” ほど難しい

と言われていた再審を巡る状況に、

徐々に変化が起き始めています。

昨年は大崎事件、松橋(まつばせ)事件、

年が押し迫った12月20日には湖東記念病院事件で、

次々に再審開始決定が出されました。

 2010年代に入ってからは、

布川事件(2011年)、東電OL殺人事件(2012年)、

東住吉事件(2016年)の3件もの無期懲役事件が、

再審によって無罪を勝ち取っています。

 

恐らく日本の刑事司法の歴史で、

ここまで再審が相次いだのは前代未聞のハズ。

 

しかし裁判所が再審開始決定を出すごとに、

検察が必ずと言っていいほど、

不服(抗告と呼びます)を申し立ててきます。

最初の3つの事件についても検察が抗告しており、

ヘタをすると再審開始が取り消されてしまう恐れがあります。

後半3つの事件についても、

検察の言いがかり(本当にこう呼ぶのがふさわしいです)を退けて、

やっとの想いで無罪を勝ち取ることができました。

 

ちなみに2014年の再審開始決定によって釈放された袴田巖さんも、

検察の抗告によってまだ無罪になっていません。

前回のブログ【28】を参照ください。

 

 前置きが長くなりましたが改めて本題に…。

刑事訴訟法(450条)では確かに、

検察は再審開始決定に対して、

 “即時抗告をすることができる” と定めています。

だからと言って、

法律でOKなんだからいいんじゃない…?

というのは間違いです。

この部分はドイツの刑訴法を手本にした戦前の条文が、

何故か亡霊のように残ってしまっているもので、

本来は真っ先に廃止されるべきなのです。

(ドイツは1964年に再審開始に対する検察の抗告を廃止)

 

戦前の日本では拷問を伴う取り調べなどによって、

たくさんの無実の人が獄中に送られました。

 その反省に立っている(ハズの)現在の日本の刑訴法では、

“疑わしきは被告人の利益に” 

“無辜(無実の人)の救済” が大原則となっています。

中でも再審は誤った裁判で有罪にされてしまった人を救う、

ほぼ唯一の機会と位置づけられており、

検察が横ヤリを入れるなど許されるハズがないのです。

 

刑訴法の大前提となる日本国憲法でも、

第31条から第40条まで、10条分を使って、

無実の人を罰することがないよう定めています。

全99条からなる憲法の中で、

ここまで多くのスペースが割かれているのは、

刑事司法の分野だけです。

ここでは紹介しませんが、ぜひ読んでみてください!!

 

刑訴法に話を戻すと、

再審を請求できるのは、

有罪を受けた本人、その親族、検察官とされています。

 つまり検察は本来、

無辜の救済に積極的に協力すべき立場にあるのです。

 

2011年に最高検察庁が策定した『検察の理念』では、

検察の使命を以下のように謳っています。

公共の福祉の維持と個人の基本的人権の保障とを全うしつつ,事案の真相 を明らかにし,刑罰法令を適正かつ迅速に適用実現するため,重大な役割を担ってい る。我々は,その重責を深く自覚し,常に公正誠実に,熱意を持って職務に取り組ま なければならない。

そして10条からなる条文の第3条では、

無実の者を罰し,あるいは,真犯人を逃して処罰を免れさせることにならないよ う,知力を尽くして,事案の真相解明に取り組む。

 と、無実の者を罰してはならないと、ハッキリ謳っています。

 

しかし現実はどうでしょう…。

前回も書きましたが検察のアタマの中には、

自分たちのメンツを守ることしかないとしか思えません。

“一度起訴して有罪にしたものは絶対に無罪にさせない” という、

狂気にも似た執念すら感じさせます。

 

守大助さんの北陵クリニック事件も、

再審開始決定が出たら、

必ず検察は抗告してくるでしょう。

もはや彼等に自浄作用は期待できないのかもしれません。

私たち市民の手で、検察を変えましょう!!

 

今回のブログは、昨年11月9日に開催された「くり返すな冤罪!市民集会」の、

鴨志田祐美弁護士(大崎事件弁護団・事務局長)の講演「再審開始決定に対する検察の不服申立の禁止」を

参考に書きました。鴨志田さん、明快なご講演をありがとうございました! 写真が暗くてスミマセン…。

f:id:daisuke0428:20180102134059j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【28】冤罪「松橋事件」やはり検察は特別抗告(怒)

前回紹介した「松橋事件」。

12月4日、

やはり検察は特別抗告しました!!!!(怒)

これにより宮田浩喜(こうき)さんの再審を開始するか、

舞台を最高裁判所に移して、

三たび協議が行われることになります。

今はとにかく、

最高裁が検察の抗告を速やかに退けて、

再審が実現することを願うばかりです。

 

特別抗告の前日に配信された、毎日新聞の記事を紹介します。

特別抗告ができるのは、高裁決定が憲法判例に違反している場合に限られる。福岡高検は、再審請求審で弁護団が提出した凶器と傷の不一致を指摘した鑑定書などが「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」と言えず、こうした新証拠を発見した時に再審開始を認めてきたこれまでの判例に違反するとの意見を最高検に伝えたとみられる。

この記事からわかるのは、

今回の特別抗告には最高検察庁

つまり検察のトップがゴーサインを出したということ。

宮田さんの無実を裏付ける証拠を隠しておいて、

一体どういうつもりで特別抗告をするのか…(怒)

 抗告の理由も、言いがかりに等しいものでしかありません。

 

 

実はこういうことは、決して珍しくありません。

 たとえば「袴田事件」。

2014年3月、

袴田巖さんが約半世紀ぶりに自由の身になりました。

静岡地方裁判所警察のデッチ上げ捜査を、

“堪えがたいほど正義に反する” と断罪した上で、

再審開始を決定しての釈放でした。

“袴田さん良かった!一件落着” とお思いの方も、

多いかもしれません。

実は…そうじゃないんです。

袴田さんは、未だに “死刑囚” のままなんです。

 

何故なら、検察が再審開始に即時抗告したから。

これを受け東京高等裁判所で協議が行われており、

今年度中に再審開始の可否が出される見通しです。

そんなことはないと願いたいのですが、

万が一、再審開始決定が取り消されたら、

袴田さんは再び拘置所に収監され、

いつ死刑が執行されてもおかしくない状況に…。

 くり返しますが、

裁判所が “堪えがたいほど正義に反する” と断罪したほど、

(フツウ、裁判所はここまで踏み込んだ表現はしません)

無実が明らかな袴田さんを再び死刑台に送ろうとする…。

もはや狂気の沙汰としか、言いようがありません。

 

彼等にとっては、

一度有罪にした人が無罪になることの方が、

“堪えがたいほど正義に反する” のでしょう。

公益の代表者という任務を放棄し、

自分たちのメンツを守ることに権力を行使する検察は、

日本の司法に救う組織犯罪集団。

“司法マフィア” とでも呼ぶべきです。

 

他にも「名張毒ぶどう酒事件」など、

(この事件についても、改めて書きたいと思います)

検察のヨコヤリによって再審が阻まれた事例は、

少なくありません。

次回は「大崎事件」を例に、

検察の抗告が何故ダメなのか、

法律的な視点も交えながら明らかにしていきます。

 

 

f:id:daisuke0428:20171205141255j:plain

 最高検察庁のホームページ(スクリーンショット)。

ぜひアクセスして、検事総長の挨拶を読んでください。

一体どのツラを下げて言っているのか…とツッコミたくなること間違いナシです。