Free大助!ノーモア冤罪!

「北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【76】「司法総行動」で守大助さんの無実、訴えました。

■「司法総行動」とは?

司法は言うまでもなく、私たち市民の幸福や安全・安心を守るためのもの。

裁判所、検察、警察が、好き勝手にして良いモノではありません。

 

10月4日に行われた「司法総行動」は、

「守大助さん東京の会」の母体となる人権団体・日本国民救援会

弁護士団体の自由法曹団労働組合組織の全労連などが協力し、

日本国憲法が掲げる基本的人権を守った司法の運用を行うよう、

裁判所、警察庁法務省などに要請を行うという取り組み。

ちょうど20年目を迎えた今回の行動に、はじめて参加してきました。

“昼に最高裁判所前に来てくれ” と言われ、

何をするのか理解しないままに駆けつけたところ、

宣伝カーの上に乗り、マイクを握って訴えるという大役を任されました。

以下に訴えた内容を紹介します。

北陵クリニック事件の概要についても話しましたので、

事件の概要や冤罪のポイントを改めて知りたい!という方もぜひお読みください。

 

■守大助さんは無実!こんな捜査・裁判が許されるのか!

現在、最高裁判所では、私の知る限り7つの冤罪事件(※)が、

再審無罪を求めて闘っています。

※飯塚、恵庭OL、大崎、湖東記念病院、袴田、北陵クリニック、松橋(まつばせ)事件

これだけの数の再審事件が同時に最高裁判所に係属するのは、

日本の刑事司法史上、極めて異例の事態です。

私はその1つである「北陵クリニック事件」の支援に携わっています。

この事件が起きたのは、今から17年前の2001年1月。

宮城県仙台市にあった「北陵クリニック」という医療機関で、

患者さんの急変(急に具合が悪くなること)が連続して起こり、

准看護士の守大助さんが、

5人の患者さんの点滴に筋弛緩剤を入れたとして逮捕されました。

そして裁判で有罪・無期懲役が確定した守大助さんは、

千葉刑務所から無実を訴えて現在に至ります。

この事件、そもそも筋弛緩剤は一切関係ありません。

守大助さんは一滴の筋弛緩剤も入れていません。

5人の患者さんの急変の原因は、いずれも病気や抗生物質の副作用によるものです。

担当医師がそのようにハッキリと証言しているのです。

しかし警察(宮城県警)は勝手に“筋弛緩剤を使った犯行”と思い込み、

患者さんに接する機会の多かった守大助さんを犯人と決めつけ、逮捕しました。

“恐怖の点滴魔” “子どもやお年寄りの患者ばかりを狙った卑劣な犯行”…。

守大助さんが逮捕された直後のセンセーショナルな報道を、

覚えていらっしゃる方も多いと思います。

実はこの時点で、警察は患者さんのカルテさえ調べていませんでした。

カルテを押収したのは、何と逮捕から10日も後でした。

つまり患者さんの急変が筋弛緩剤によるものなのか、基本的な裏付け捜査も行わず、

予断と偏見だけで逮捕に至ったのです。

続いて警察は、鑑定書を提出してきました。

“5人の患者の尿、血液、点滴液から筋弛緩剤の成分が検出された” というのです。

しかしこれが、とても “鑑定書” と呼べるような代物ではありません。

まず、当然あるべきの実験データが添付されていません。

鑑定試料を捜査班から科捜研に渡した際に作成されたハズの、

「受渡簿」も提出されていません。

つまり本当に鑑定が行われたのか、客観的に証明するモノが何もないのです。

これはあまりにも不自然すぎます。

私はこの鑑定は、守大助さんを犯人にデッチ上げるために、

警察がねつ造したものであると確信しています。

しかし裁判ではこのアヤシい鑑定が証拠の柱として採用され、

守大助さんに有罪・無期懲役という判決が下されました。

逮捕当時29歳だった守大助さんは、自由を奪われたまま47歳になりました。

30代から40代半ばまでの貴重な人生の時間を、

このようなデタラメな司法によって奪われる…。

そして今日も、いつ出られるかわからない日々を塀の中で過ごしている。

その無念さと憤りは、筆舌尽くし難いものでしょう。

 

 ■“第二・第三の守大助”は私になるかもしれない

守大助さん以外の冤罪事件も、驚くほど構図が似ています。

“コイツがアヤシい” と決めつけ、思い込みで捜査を行う警察。

脅迫的な取り調べによる自白強要。

一旦起訴したら何としても有罪に持ち込もうと、無実の証拠を隠す検察。

そんな警察や検察の肩を持ち、無実を訴える被告人の声に耳を傾けず、

十分な証拠調べも事実認定も行わずに有罪判決を下す裁判所…。

また裁判所が「再審開始決定」という英断を下しても検察が抗告し、

再審無罪を勝ち取る機会が引き延ばされる例も少なくありません。

最高裁に係属している再審事件のうち大崎、湖東記念病院、松橋の3事件は、

地方裁判所高等裁判所が再審開始決定を出しながら、

つまり2度もの再審開始決定を勝ち取りながら、

検察の抗告によって最高裁での闘いを余儀なくされています。

また袴田事件は同じく検察の抗告によって、

静岡地裁が出した「再審開始決定」が東京高裁で覆されました。

検察の横暴に対して最高裁がどのような判断を下すのか?

予断を辞さない局面を迎えています。

そして現在のような状況が続くかぎり、

いつ私自身が、第二・第三の守大助さんにならないとも限りません。

これは私たち1人ひとりに突きつけられた問題なのです。

今こそ力を結集させて草の根から最高裁判所を動かし、

日本の司法を良い方向に変え、健全な国づくりにつなげましょう!

以上で訴えを終わらせていただきます。

 

宣伝カーの上で。視線の先には最高裁の建物。(写真:T.Yamazaki)

f:id:daisuke0428:20181008122206j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月4日、