Free大助!

「無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録

【8】加計・森友どころじゃない!検察の“ご意向”

守大助さんを有罪・無期懲役としている根拠は、大きく3つあります。

 

①警察が試料(5人の患者さんの血液、尿、点滴液)を鑑定したら、

 筋弛緩剤の成分が検出された。

②“犯行”に使われた筋弛緩剤の空容器(計19本)が押収されている。

③大助さんは逮捕当日(2001年1月6日)、1件の“犯行”を自白した。

 (自白は3日後に撤回。他の4件については一貫して否認)

 

これだけ見れば “やっぱり犯人じゃないか” と思うかもしれません。

しかし一つひとつ検証していくと…。

 

①裁判に提出された鑑定書は “検出された” という結論だけ。

それが本当に筋弛緩剤の成分なのかを裏付けるデータや、

分析のプロセスは一切明らかにされていません。

鑑定は宮城県警でなく、大阪府警科学捜査研究所が行いました。

分析装置がここにしかなかったからだそうです。

となると大阪へ試料を届けた際の「受け渡し簿」をはじめ、

手続きごとに作成した書類もいろいろあるハズですが、

1通も提出されていません。

つまり鑑定を行ったことを裏付けるモノが、何もないのです。 

 

②提出されているのは、何と写真だけ!

空容器の現物は存在が確認されていません。

しかも写真は5本、6本、8本と3枚に分けて、

1本ごとの製造番号が裏側に隠れた状態で撮影されています。

  

③の自白については、後日項を改めて書きたいと思います。

伝えたいことが多いので。

 

以上の証拠は、すべて検察が保管しています。

しかし弁護団や私たち支援者が「開示して欲しい」と言っても、

「必要ナシ」と拒否し続けています。

裁判所も検察に同調するかのように「必要ナシ」を繰り返しながら、

大助さんの有罪を維持してきました。

 

なぜ検察は、鑑定データや空容器の開示を拒むのか?

開示すると何か都合のワルいことがあるから…としか思えません。

 

現在、国会では加計やら森友やらで紛糾しています。

政府の対応は本当に醜いかぎりですが、

検察や裁判所はもっと悪辣です。

ひたすら証拠の開示を拒み、

無実の(可能性が高い)人を塀の中に閉じ込め続けているのですから。

  

日本の刑事司法において、

検察の持つ権力は強大です。

だからこそ説明責任はキッチリ果たすべきです。

 

最後に、大助さんから聞いた無念の言葉を紹介します。

「僕が開示を求めている証拠は、

 いずれも警察や検察が“ある”と主張しているモノ。

“ない”モノを出せと言ってるワケじゃないのに、

何故それができないんだ?」