Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【56】守大助さんの詩「母」

今日は(日付が変わったのでもう昨日ですね)「母の日」でした。

皆さんはカーネーション、プレゼントしましたか?

守大助さんは、獄中でたくさんの詩を綴っています。

その中から「母」という詩を紹介します。

 

実家で母と会話したのが

2001年1月5日…

これを最後に外で会話できない

母と一緒に 買い物に行ったこと

母と一緒に食事したこと

母もきっと忘れていないだろう

もう少しです もう少しの辛抱です

必ず帰りますから

元気でいてください

 

“2001年1月5日”は、逮捕される前日。

1月6日の朝8時30分頃、

家に警察官が来るまでは、

普通の生活をしていました。

それから17年以上も塀の中とは、

想像すらできなかったでしょう。

日本の刑事司法を変えない限り、

大助さんの身に起きたことは、

私たちの誰にでも起こりえます。

 

実は大助さんの詩、朗読で聴けるラジオ番組があります。

インターネットラジオ放送局「ゆめのたね」(東日本チャンネル)の、

日曜日22:30〜「笑顔のチカラヂオちぼびたんでー」です。

支援者仲間のちいぼうさんがパーソナリティで、

大助さんのことも紹介しています。

リンクを貼っておきましたので、

ぜひ一度、お聴きになってください。

 

www.yumenotane.jp

 

f:id:daisuke0428:20180514003121j:plain