Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【48】『獄友』イベント@下北沢〜目指すは“冤罪版” We are the World!〜

冤罪青春グラフィティ映画『獄友』ご覧になりましたか?

〈公式HP〉

ドキュメンタリー映画 「獄友」 

私はまだ観ていないので、早く行きたいです!

皆さんもぜひ『ポレポレ東中野(JR東中野駅からすぐ)へ!

 

昨日は上映を記念してのライブ&トークイベントが、

下北沢でありました。

作監督の金聖雄さん、

主題歌を提供した小室等さん、

オウムのドキュメンタリー映画を撮った森達也さん、

ラッパーのダースレイダーさんの4人に、

MCのジョー横溝さんを交えて、

目からウロコの冤罪トークが繰り広げられました。

 

※写真を撮ったのですがネット上へのアップはNGなので、一番下にチラシを貼っておきます。

 

■再審が長引くことこそが…

 

小室等さんがポツリと語った一言が印象的でした。

「再審が長引いていることこそが、無罪の証明だね」

どういうことかと言うと…以下、私の所見です。

裁判所が再審開始決定を出すまで、

時間がかかるのは何故なのか?

何故なら…再審を開いたら無罪になるのが確実だから。

それは極端なピラミッド社会である裁判所の世界において、

先輩裁判官が確定させた有罪を否定する、とても勇気のいる仕事。

(しかもピラミッド頂点に位置する最高裁判所がお墨付きを与えた…)

できるだけ先送りしたい…というのが裁判官の正直な心情。

だから再審の審理が長引いていることこそが、

無罪の何よりの証明に他ならない…。

“無罪” は “無実” と言い換えることもできるでしょう。

本当に鋭い指摘!とても感銘を受けました。

 

小室さんは歌の力で冤罪撲滅に貢献しようと、

こんなプロジェクトを立ち上げています(リンク)

冤罪音楽プロジェクトイノセンス

そして主題歌『真実・事実・現実・あることないこと』のレコーディングには、

30に近いミュージシャンが集まりました。

小室さんいわく “冤罪版 We are the World をやりたかったそう。

ボブ・ディランのような志を持った歌い手が日本にこんなにいるのが、

本当に嬉しくなります。

 

■検察に忖度しっぱなしのマスメディア

金監督は

袴田事件の再審に対する検察の抗告はイチャモンに等しい。

しかしメディアは “検察側はこう主張し、弁護側はこう主張” と、

対等に報道する。これで本当に真実が伝わるのか…」

ダースレイダーさん

「この場合、両論併記でバランスを取る=“同じ土俵”で論じるのは、

 明らかな間違い。その“土俵”を設計しているのは誰なのか、

 我々はメディアの受け手として見極めなければならない」

森さん

「検察もそれをわかってやっている」

 

私が日頃から報道に対して持っている不満・憤りを、

ズバリ指摘してくれました!

マスメディアは検察の悪行・蛮行を正面切って報じません。

検事総長を直撃して問いただすこともしません。

これは完全に検察への『忖度』でしょう。

記者クラブの付き合いもあるし、

ワルいことを書いたらいろいろ不都合が生じるんでしょう。

頑張っている記者がたくさんいることは承知していますが、

やはりマスメディアができることには限界があります。

だからこそ、このブログはメディアの端くれとして(笑)、

素人目線ながら “オカシイことはオカシイ!”と、

発信していきたいと思います。

宜しくお願いいたします!

 

トークと並行して行われたライブも素晴らしかったです!

小室等さんの『だれかが風の中で』、涙が出そうになりました。

 

f:id:daisuke0428:20180404210807j:plain