Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【44】Are you サイコパス, KENSATSU!?

今週は、冤罪をめぐる大きな動きが2つありました。

 

■恵庭事件〜29歳だった彼女は47歳に〜

1つは3月23日、札幌地方裁判所が、

「恵庭OL殺人事件」の再審請求を棄却しました。

日弁連(日本弁護士連合会)も再審を支援している、

典型的な冤罪事件です。

(事件の詳細は、ぜひネットでググってみてください)

何が “典型的” かと言うと、

冤罪の発端が警察の “思い込み捜査” だったこと。

犯人とされた大越美奈子さんの小柄な体格・体力では、

どうやっても犯行が不可能だったり、アリバイがあったり、

明らかに無実じゃん…というポイントがたくさんあるのですが、

警察は “三角関係のモツレによる殺人” と勝手に思い込み、

犯行のストーリーをデッチ上げて逮捕。

検察も裁判所もそれを追認…。

“思い込み”が 冤罪を生む温床になっていることは、

このブログでも何度か紹介してきました(【10】ほか)。

29歳で逮捕(2000年)された大越さんは現在47歳…。

偶然にも守大助さんとほぼ一緒です。

大越さんの場合は無期懲役でなく有期刑(16年)ですが、

たくさんの楽しいコトを体験できたであろう、

30代と40代を丸々奪わるとは…?

その無念さを表現する言葉が見当たりません。

人の人生を一体何だと思っているのか!

改めて司法への憤りを感じずにいられません。

 

■大崎事件〜やはり検察は特別抗告!〜

そしてこのブログ【40】で紹介した大崎事件、

福岡高等検察庁は特別抗告してきました!

事件の概要等は前回紹介したのでくり返しませんが、

検察の異常さが改めて浮き彫りにされました

 

口では正しいことを言いながら、

ウソをついたり、約束を破ったり、人を傷つけても

全く平気な人たちを サイコパスと呼ぶそうですが、

抗告した当事者である福岡高等検察庁のHPを見ると、

そのサイコパスぶりがよくわかります。

榊原一夫検事長の挨拶部分のリンクを貼っておきます。

検事長挨拶:福岡高等検察庁

ご覧の通り、こんなことを述べています。

 

私どもの使命は、日々生起する事件について、

適正な捜査・公判活動を実施し、

事案の真相を解明して、

これに見合った国民の良識にかなう相応の処分、

相当の科刑を実施することを通じて市民生活の安全・安心を確保し、

社会経済の基盤である法秩序を維持することにあります。

 

今回の特別抗告が本当に、

適正な捜査・公判活動” でしょうか?

国民の良識にかなう相応の処分” でしょうか?

 

 そして、

次席検事の森本和明さんは抗告の理由として、

再審開始決定が法令違反である、としています。

ここまで冤罪が明らかな事案に対して、

何が法令違反なのでしょうか…

森本さんは福岡高検に来る前は、

奈良地検におられました。

その時の新聞記事のリンクと、

記事の一部を紹介します。

やまと人模様:奈良地検検事正 森本和明さん 更生、地域で支援を /奈良 - 毎日新聞

真相解明のために捜査を尽くすことを信念とし、

被害者支援に取り組む人や犯罪者の立ち直りを支える

人たちにも連携を呼び掛ける

 

ならば…今回の事案についてはたまたま、

真相解明のために捜査を尽くしてなかったのかな…

まあ、人間だから時には間違いを犯しますからね…

 

何となく取り留めなく書いて来ましたが、

検察のようなサイコパスな人たちが、

絶大な権力を握っている。

それが日本の司法の現実である、ということを、

今一度しっかり認識しておく必要があると思います。

本当に冤罪はヒトゴトじゃありません。

 

福岡高検のお二人のスクリーンショットも貼っておきます。

上=榊原検事長福岡高検HPより)

下=森本次席検事(奈良地検時代/毎日新聞より)

f:id:daisuke0428:20180324120213p:plain

f:id:daisuke0428:20180324120232p:plain