Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【21】想いをともに!「国民救援会・東京都本部」大会に参加して

昨日10月1日は「守大助さん東京の会」の母体である人権団体、

日本国民救援会・東京都本部」の大会でした。

同大会は年1回開催され、

大会プログラムの中には

さまざまな冤罪事件や弾圧事件の関係者が、

裁判の状況を語ったり、

支援強化を訴える時間が設けられています。

 

「守大助さん東京の会」も、

毎年そこに参加してきました。

これまでの訴えは、

事務局長の私が行ってきましたが、

今回はじめて一緒に活動しているIさんが壇上に立ち、

事件の概要、大助さんが無実である理由、再審にかける想いなど、

とても分かりやすく、熱い想いとともに訴えてくれました。

 

 Iさんは旅客機の整備士として、空の安全・安心を守ってきました。

しかし親会社による会社潰しと不当解雇によって職を失い、

解雇撤回を求めて裁判を闘ってきました。

結局、この裁判は負けてしまいますが、

“自分は今までいろいろな人に支えられてきた。

今度は自分が支える側に”と、

現在は新しい仕事に就きながら、

守大助さんの支援活動に取り組んでいます。

想いを共にする仲間の存在は、とても心強いものです。

Iさんのような存在を一人でも多く作ることは、

守大助さんの自由を勝ち取るカギになります。

 

世の中的には冤罪事件の支援というのは、

まだまだマイナーです。

“何故、犯人かもしれない奴の支援なんかするの?”という声も、

よく聞きます。

こういうことを言う人は、

“警察が逮捕し、検察が起訴し、裁判所が有罪にしたのだから間違いない”

という幻想にしがみついているに過ぎません。

この常識の壁をどうやって乗り越え、

世の中に共感の環を広げていくか……、

「東京の会」はチャレンジを続けます。

 

 Iさんをはじめ会場の様子を撮ったのですが、写った皆さんの承諾を忘れたため写真ナシでお届けします。