Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【43】棄却を受けて、守大助さんメッセージ

仙台高等裁判所の暴挙を受けて、

守大助さんから全国の支援者に、

メッセージが届きました。

全文を紹介します。

 

嶋原裁判長は、

棄却というバカげた決定をしました。

4年間で三者協議は3回、

何をやっていたのでしょう。

無実の訴えを聞かない、

無実の証拠を見ない、

証拠開示・尋問しない。

いったい無実の私は!

どこに訴えればいいのですか。

特別抗告審で勝利するため、

今後も皆さん、

お力を貸して下さい。

 

一雨ごとに暖かさが増してまいります。

皆さんいかがお過ごしですか。

先日の仙台高裁が出した決定に、

何と言えばいいのか。

年度末までに出すと言われてましたが、

それが2/28と。午後3時頃ということで、

私は不当な判断が出ると思っていました。

夕刊、夕方ニュースに不当判決が出ることを、

嶋原裁判長は恐れたため、

あの時間にしたのでしょう。

3月には「袴田」「大崎」が

高裁で開始決定が出る前に本件を棄却した。

土橋鑑定はデタラメ、

土橋証言は偽証。

犯行で使用されたとされている

薬品アンプルからは!

指紋が検出されているというのに、

それが誰の指紋なのか明らかにされていない。

これらを無視して判断することが許されるなら、無実の者は救われないです。

春が来るというのに、

2018年も本当の春は来ませんでした。

絶対に許されない決定です。

皆さんが要請して下さった

「証拠開示・証人尋問」を無視した判断は‼︎

誰が考えても不公平です。

理不尽であること明白です。

最高裁で勝利するため、

私は負けずに闘います。

決定当日、全国から駆けつけて下さり感謝します。私は絶対にやっていません!

両親が元気でいる内に帰りたい。

2018年3月  無実の守大助

f:id:daisuke0428:20180319223831j:image