Free大助!

「無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録

【6】Un-Happy Birthday!?

今日4月28日で、守大助さんは46歳。

29歳から自由を奪われたまま、

17回目の誕生日です。

 

看護士として働きたかった30代、

結婚して子どもができたかもしれない30代、

自由であれば充実していたであろう10年間はずっと塀の中。

40歳になる直前には、故郷の東北で大震災が発生。

“何故、自分はここに居るのか?

現場に出てケガをした人の看護をしたい!”と、

塀の中で悔しさをにじませました。

そして今日、40代も後半へ。

 

面会に行く度に、大助さんは訴えます。

“何としても40代のうちに自由になりたい。

そして看護の仕事に戻りたい。

50代、60代では遅すぎる。

その年齢では、自分が看護される側になりかねない”。

 

無実の罪で17年間も身柄を拘束されたまま、

歳だけを重ねていく心境とは?

私には、とても想像できません。

 

しかも2001年1月の逮捕から、

2005年7月までの4年6ヵ月もの間、

大助さんは“接見禁止”に置かれました。

これは逃亡や証拠隠滅などの恐れがある場合、

検察が裁判所に要請して取られる措置。

弁護士を除いては、誰とも面会できなくなります。

家族や友人とも…。

大助さんがどのようにして、

逃げたり証拠を隠滅できるのか?

無実を主張することへの見せしめとしか、考えられません。

 

そんな状況の中でほぼ毎日、

弁護団は交代で大助さんの面会に通い続けました。

“あの励ましがなかったら、自分の心はとっくに折れていた”と、

大助さんは当時を振り返ります。

 

まさに“ブラック司法”!

こんな検察、こんな裁判所を許しておいて良いのか?

一旦起訴されたら、有罪率は99.9%。

冤罪が後を絶たない日本において、

大助さんの冤罪は、決してヒトゴトではありません。

 

大助さんの再審無罪を勝ち取ることは、

日本の司法を草の根から

変える運動の、

スタートラインです。

これからも声を上げていきましょう!

 

〈写真〉

逮捕される前、20代の守大助さん。現在は白衣からグレーの刑務作業服、頭は坊主刈りになりましたが、

若々しさはそのまま。

f:id:daisuke0428:20170428200659j:plain