Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【70】守大助さんからのメッセージ

前回紹介した「今市事件」の勝又拓哉さんへの不当判決

東京高裁の法廷では何と…

判決理由の読み上げが5時間近く続いたそうです。

勝又さんはその間、臆することなく裁判官を凝視し続けたそうです。

今回はこの判決がいかにヒドいものか書こうと思っていたところ、

守大助さんから手紙が届きましたので、予定を変更して紹介します。

(今市事件は意味不明の判決要旨を読むだけで頭がオカシくなりそう。もう少し時間をください)

では以下より大助さんのメッセージ、一部を抜粋して紹介します。

 

最高裁が本当に最高の仕事をしてほしいものです。

冤罪で人生をメチャメチャにされているのです!

そのことを知ってもらいたい。

やっていないから、私は無実を訴え、

無期懲役が)確定しても、こうやって再審請求しているのです。

それを裁判官という人は、どう思っているのか?

無実の訴えを無視、無実の証拠を無視することが、

日本の刑事裁判官のやることなのでしょうか!

黒い法服を着ると、なんでも許されてしまうと思っているのでしょうか。

誤判しても罰せられないからでしょうネ。

裁判所の改革が一番必要です。

 

以上です。

大助さんの無期懲役が確定し、

千葉刑務所に収監されたのは2008年8月。

もうそれから10年になります。

面会した時、

“ちょうど北京オリンピックの年だった” と言っていました。

それからロンドン、リオと2度のオリンピックを経て、

2020年の東京は、絶対に塀の外で観戦できるよう、

支援者・弁護団と力を合わせて闘っていきたいです。

大助さんも “40代のうちに出る!” という決意とともに、

塀の中で闘っています。

奇しくも2020年、大助さんは49歳の誕生日を迎えます。

 

相変わらずシッカリしたキレイな字で書かれている。

字のヘタな私は見習わねば…。

f:id:daisuke0428:20180808221858j:plain