Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【60】愛知県警のポスター“あの人、逮捕されたらしいよ”

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

このブログでは守大助さんのこと以外にも、

冤罪や刑事司法について、思ったことを書いています。

 

今回は、愛知県警の痴漢抑止ポスターについて。

あらましは、こちらのニュースをご覧ください。

「あの人、逮捕されたらしいよ。」痴漢撲滅の警察ポスターを弁護士が批判。なぜ?(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース

 

“あの人、逮捕されたらしいよ” というキャッチコピーに、

LINEと思われる女性2人のトーク

「聞いた?あの人、痴漢で捕まったらしいよ。」

「えwwwwwwwww」

「本当本当!さっきネットニュースで見た!!!そんな人に見えなかったわ」

「気持ち悪 軽蔑だわ 性犯罪者じゃん」

「仕事もクビになるよねー。家族も悲しむだろうなあ」

「そりゃそうだわ 私は一生関わりたくない」

「この先どうなっちゃうんだろう…」

「そういえば…私先月あの人と電車で偶然会ったよ」

「そうなんだ?! 変なことされなかった?」

「あの時は何もなかったけど」

「なんかもう、あの人のこと思い出したくもない」

「女性の私たちも被害に遭わないよう気をつけなきゃね」

 

たかがポスターと言うなかれ。

記事中で亀石倫子弁護士が指摘しているように、

推定無罪の原則を無視した、トンでもない代物だと思います。

日本広告審査機構JARO)に苦情を申し出ようかと思っているくらいです”。

と言われていますが、

本当にこれは何らかの手を打って、

回収・破棄させなければなりません。

私もどんなアクションを起こす事ができるか、考えます。

 

最大の問題は、制作者が警察であること。

このポスターが世に出るまでには、

当然何人ものチェックを受けたはずです。

このコピーでいいのか…

このデザインでいいのか…

この訴求方法でいいのか…

誰も疑問を差し挟まなかったのでしょうか? 

 

以前、愛媛県警の取り調べマニュアルというのを紹介しました。

【20】これは言わずにいられない〜徳島県警の誤認逮捕〜 - Free大助!

 やはり逮捕=犯人で冤罪など存在しない…というのが警察の本音。

それがポスターにそのまま現れてしまっています。

 

警察は、私たちの暮らしになくてはならない存在。

批判するだけでなく、建設的に変えていく方法を、

引き続き考えていきたいと思います。

 

これがそのポスター。ネットから拾ったので解像度が低めです。

f:id:daisuke0428:20180604001506j:plain