Free大助!ノーモア冤罪!

「北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【53】“筋弛緩剤事件”とは呼ばないで!

「仙台北陵クリニック筋弛緩剤冤罪事件」。

支援者の間では、この呼称が一般的に用いられています。

 

「東京の会」の正式名称も、

「仙台北陵クリニック・筋弛緩剤えん罪事件

 無実の守大助さんを守る東京の会」ですが、

私は誤ったイメージを拡散させないためにも、

“筋弛緩剤” というワードは外したいと思っています。

そもそも…

事件自体が警察の思い込みでデッチ上げられたモノで、

筋弛緩剤は一滴も使われていません。

 

冤罪のポイントを正しく分かってもらうためにも、

事件のネーミングはとても大切。

だから「北陵クリニック事件」と呼ぶべきです。

何故ならこの事件は、

経営悪化や医療体制の不備といった、

クリニックの特殊性が招いた冤罪だからです。

こうした背景が大きく関係しているので、

やはり「北陵クリニック事件」が正しいと思います。

大助さんの弁護団長・阿部泰雄弁護士も、

まったく同じことを言っています。

マスコミ報道では…

“筋弛緩剤事件” “筋弛緩剤点滴事件” “筋弛緩剤混入事件” 

と呼ばれていますが、いずれもNG。

もっと事件のこと、勉強して欲しいと思います。

 

似たパターンが、

「湖東記念病院人工呼吸器事件」。

当初は人工呼吸器の事故と言われていましたが、

病死の可能性も指摘され再審開始となったためか、

「湖東記念病院事件」と呼ぶのが一般的になっています。

 

名張毒ぶどう酒事件(1961年)は、

(この呼び名が時代を感じさせます。今ならワインですね)

ぶどう酒に毒物が混入されたのは間違いないので、

この呼称はOKかと思います。

 

冤罪事件の名称で多いのが、発生した地名にちなんだもの。

福岡事件、飯塚事件、菊地事件、松橋事件、狭山事件布川事件足利事件、今市事件、日野町事件、小石川事件など…。

現在最高裁で闘っている「大崎事件」は、鹿児島県の大崎町で発生。

首都圏では、

 “山手線の大崎?” という質問を幾度となく受けながら、

支援の環を広げていきました。

事件を知ってもらう会話のツカミとしては、良いかもしれません。

ちなみに鹿児島県の大崎町は大隅半島にあります。

国鉄大隅線というローカル線が走っていましたが、

JRに移行する寸前に廃線になってしまいました。

 

冤罪被害者の名前にちなんだパターンもあります。

袴田事件は、やはりこのネーミングですね!

地名由来で「清水事件」ではピンと来なかったと思います。

元ボクサーという袴田さんのキャラクターに、

“Hakamada” という印象的な響き。

死刑の濡れ衣にノックアウト寸前にされながら、

必死にラウンドを重ね闘うイメージ。

アムネスティやボクシング協会を通じて、

国際的にも知られた冤罪事件になっています。

 

今回は取り留めのない内容になりましたが、

“筋弛緩剤事件”とは呼ばないで!

と訴える運動にもチャレンジしてみたいと思います。

 

1957(昭和32)年の静岡国体に出場した袴田巖さん。

写真は時事通信・配信のニュースより。

f:id:daisuke0428:20180430223102j:plain