Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【42】守大助さん再審、闘いは最高裁へ②

冤罪で一番ワルいのは何処(誰)か?

私はズサンな捜査や証拠の捏造を行う警察か、

無実の証拠を隠す検察だと思っていました。

でも冤罪と闘う当事者は、

“裁判所がワルい”と口を揃えます

守大助さんは面会で切実に訴えました。

“警察や検察は仕方ない(これも困るんですが…)。

でも裁判所はもっとシッカリして欲しい”。

 

大助さんの弁護団長・阿部泰雄弁護士も、

“裁判所さえシッカリすれば、

警察も検察もワルいコトはできなくなる”

とつぶやいていました。

 

さらに他の冤罪事件の被害者の皆さんも、

同様に語っているのを聴いたことがあります。

 

さて前回【41】の続きです。

弁護団が再審請求で主張したポイント②と③を、

仙台高等裁判所がどんな理由(屁理屈)で門前払いしたか?

その決定要旨を読んで “確かに裁判所が最悪だ” と、

私も納得できました。

 

ポイント“被害者” の病状は筋弛緩剤によるものではない

 これは5人の患者さんのうち、

今ひとつ原因が分からなかったA子さん(当時11歳)の急変は、

ミトコンドリア病」によるというもの。

『総合診療医者ドクターG』NHKでもおなじみの、

池田正行医師(元・長崎大学大学院教授/現・法務省矯正医官が、

再審請求にあたり詳細な意見書を提出しています。

ミトコンドリア病」というのはその名の通り、

細胞内の微小器官・ミトコンドリアの異常による病気。

現在は国の難病に指定されていますが、

事件のあった当時は一般的に知られていなかったため、

“原因不明の急性脳症” と診断されていました。

しかし改めてA子さんのカルテに記された一連の症状を検証すると、

(腹痛、嘔吐、視力障害、けいれん、呼吸低下、心停止など)

すべてミトコンドリア病で説明できることが明らかに。

池田先生は怒りを込めて、こう告発します。

“A子さんも北陵クリニック事件の犠牲者だ。

“筋弛緩剤中毒” という誤診を、

検察や裁判所が認めないために、

A子さんはミトコンドリア病の治療を受けられず、

15年以上も放置されている。

これは人権蹂躙以外の何者でもない!”

 

弁護団仙台高等裁判所に、

池田医師の証人尋問を行うよう、

再三にわたって要請してきました。

医療のプロの意見を聴いて判断してくれ…と、

至ってマトモお願いをしているのですが、

裁判所はこれを門前払いし続けた挙げ句に、

再審請求を棄却しました。

 

決定要旨には、棄却の理由が2つほどあげられています。

ごく簡単に説明すると…

1)A子の症状が筋弛緩剤の効果と矛盾しないことは、

 すでに東北大学大学院教授・橋本保彦の証言で明らかになっている。

2)A子の試料から筋弛緩剤の成分が検出されたという、

 客観的な事実が存在する。

よって大助さんが犯人ということで決着が付いているから、

今更再審を認める理由がない…

大体こんな感じのことを言っています。

 

1)の橋本証言とは…?

大助さんの裁判が始まったばかりの頃(一審の仙台地裁

検察サイド(つまり大助さんを犯人にデッチ上げたい側)の証人として、

橋本保彦という麻酔科の先生が、法廷でこんな証言をしました。

“A子の症状は筋弛緩剤と矛盾しないと思う” 。

それだけです。

橋本先生は筋弛緩剤の権威ではなく、

論文を発表しているワケでもなく、

ただ“自分はこう思う”と発言しただけです。

 

よくある冤罪事件のパターンとして、

医学的・化学的な証拠の攻防になると、

必ずと言っていいほど、

検察側の “御用学者” が現れて、

それらしいデタラメを述べたりします。

しかし大助さんのケースでは、

橋本先生に追従する “御用学者” は誰も出てきません。

あまりにデタラメなので、誰も引き受けないんでしょう。

 

2)の鑑定が鑑定とすら呼べないシロモノであることは、

このブログの【41】や【37】で指摘した通りです。

 

つまり裁判所は、

何ら正当な理由を示さずに、

無実を訴える大助さんの声を退けたのです。

しかも4年もかけて…。

こんな薄っぺらい棄却決定を出すのに、

何故こんなに時間がかかったのでしょうか?

その間、大助さんは4つ歳を重ねてしまいました。

一人の人間の人生を、何だと思っているのでしょうか(怒)。

 

あっそうだ…

ポイント大助さんの自白はウソを強要されたものである

はどうなったかって?

これについては、完全に無視されました。

というわけで、

裁判所がスルーした自白のメカニズムについては、

改めて書きたいと思います。

無実の人が何故、身に覚えのない罪を自白するのか?

おそらく皆さんが一番不思議に思うポイントだと思いますので。

引き続き宜しくお願いいたします。

 

棄却という仙台高裁の暴挙を受け、記者会見する弁護団

阿部泰雄弁護士(右から2人目)は“完全な開き直りの決定、

科学に対する挑戦”と決定を批判。(写真/守大助さんを守る宮城の会)

f:id:daisuke0428:20180319193349j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大助さんの弁護団