Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【25】再審開始を求め、記者会見!

守大助さんの再審を求める署名が、

20万筆を達成しました。

(2012年2月の再審請求書提出時からの累計)

これを受け11月21日、

弁護団と全国各地から集まった支援者が、

仙台高等裁判所に要請を行った後、

仙台市内で記者会見を開きました。

(私は参加できなかったため、以下の報告は現地からのリポートを基に作成しました)

 

 最初に阿部泰雄弁護団長が事件の概要、

そもそも事件性のない冤罪であること、

裁判所は再審開始の可否について、

今年度中に結論を出す意向であることなどを報告しました。

 

布川事件」の桜井昌司さんは、

殺人事件としながら、凶器すら法廷に提出されていない。

他の冤罪事件でも検察官が証拠を隠していることが問題。

証拠を開示させ正しい判断を」と訴えました。

 桜井さんは1967年に茨城県で発生した強盗殺人、

 いわゆる「布川事件」の犯人とされ、

 無実を訴えましたが有罪・無期懲役とされ、

 29年間の獄中生活(1996年仮釈放)の後、

 2011年5月に再審無罪を勝ち取りました。

 現在は全国を駆け回り、

 守大助さんをはじめ冤罪と闘っている人々の、

 支援活動に力を注いでいます。

 

大助さんの母・祐子さんは、

「裁判所に入る前、隣の小学校の児童から、

“頑張って”と、声をかけられました。

確たる証拠もないのに犯人にされるのは、

小学生でもおかしいとわかること。

裁判所は正しい判断をして、

一日でも長く息子と暮らさせて欲しい」と、想いを語りました。

 

記者会見にはテレビ・新聞各社も集まり、

関心の高さがうかがえました。

最後に支援者の一人は、

事件発生当時の異常な報道に触れ、

「記者の皆さんは自分の目でよく見て判断して欲しい。

この事件は警察発表を一方的に垂れ流した、

マスコミによって作られたと言っても過言ではない。

冤罪を晴らす正しい報道を行うことが、

マスコミ本来の使命である、人権を守ることになる」 

と、締めくくりました。

 

以上、報告でした。

記者会見の様子はNHK、TBC東北放送

朝日、読売、毎日、河北新報の各新聞で報じられていました。

メディアも動き出しました!!

大助さんの自由獲得に向けて、

「東京の会」も頑張って活動してまいります。

引き続き、応援よろしくお願いいたします!!

 

f:id:daisuke0428:20171127001809j:plain

布川事件の桜井昌司さん(左端)、守祐子さん(中央)、その右が阿部泰雄弁護団長。