Free大助!

「無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録

【24】「くり返すな冤罪!市民集会」で守大助さんのご両親が訴えました!

11月9日(木)、文京区民センターで行われた、

「くり返すな冤罪!市民集会」。

袴田事件や大崎事件、

そして守大助さんの北陵クリニック事件…、

いろいろな冤罪事件の再審が重要な局面を迎える中、

この問題を広く世の中に発信しようと、

各事件を支援する10団体が力を合わせて開催しました。

「守大助さん東京の会」も、

その1団体に名を連ねました。

 

一体何人ぐらい来てくれるだろうか…?

という不安をよそに、

会場はみるみる膨れ上がり、

最終的には約190人も集まって一安心。

 

前半は“冤罪と再審”をテーマにした2本の講演。

鴨志田祐美弁護士(大崎事件弁護団事務局長)は、

「再審開始決定に対する検察の不服申し立て」について、

水野智幸教授(法政大学法科大学院教授・元裁判官)は、

「再審と証拠開示」について、

それぞれ約40分語りました。

いずれの講演も、とても興味深いものでした。

またの機会に、ゆっくり紹介します…。

 

後半は冤罪当事者の訴え。

守大助さんのご両親・勝男さんと祐子さんが、

宮城から駆け付けました。

祐子さんの切実な訴えを紹介します。

 

“息子は等級が1段階上がりました。

仕事も食器の洗浄から食材の下処理になり、

ジャガイモやニンジン、タマネギの下ごしらえをしています。

16年ぶりに使う包丁の力加減がわからず、

乱切り、銀杏切りに悪戦苦闘していると、

笑顔で話していました。

本当なら私が包丁を手に取って、直接教えてあげたい…(涙)。

息子は絶対に人を殺めていません。

どうか息子を助けてください。”

※大助さんの等級については、このブログの【22】で紹介しています。

 

そして「東電OL殺人事件」のゴビンダ・マイナリさんも、

ネパールから駆けつけました。

2012年11月に再審無罪を勝ち取り、

妻のラダさんとともに5年ぶりの来日です。

“15年間自由を奪われた後遺症で、

未だに落ち着いて眠ることができない。

私のように冤罪で苦しむ人を、

もう2度と出さないで欲しい”

という切実な訴え、

日本の警察、検察には届いているでしょうか?

(絶対に届いてませんよね!…(怒))

 

盛況のうちに幕を閉じた集会。

この流れを何としても、

各事件の再審無罪獲得という結果につなげたいです。

 

ちょっと反省も。

テレビや新聞も取材に来てくれましたが、

やはりというか…注目はゴビンダさんに集中していました。

翌日の報道をご覧になった方も多いかと思います。

守大助さんについても、

もっと注目を引きつける仕組みづくりが出来なかっただろうか…?

 

2001年1月に守大助さんが逮捕された時、

朝日新聞をはじめとする新聞やテレビは、

大助さんを凶悪犯人と決めつけ、

センセーショナルな報道を繰り広げました。

マスメディアは警察、検察とともに、

冤罪デッチ上げに加担したのです。

ならば今度は正しい報道によって、

大助さんの再審開始を後押しして欲しい!

 

メディアを巻き込んだ運動をどう作り上げるか、

そのために支援者としてやるべきことは…?

引き続き、取り組みを進めていきます。

 

f:id:daisuke0428:20171120010451j:plain

守祐子さん(手前)と勝男さん。もう訴えをしなくていいように、早くせねば…。

 

f:id:daisuke0428:20171120010511j:plain

ダンディーな雰囲気のゴビンダ・マイナリさんと、妻のラダさん(左)。