Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【22】守大助さんの等級、上がりました!

 約1ヵ月ぶりの更新となってしまいましたが、

ちょっと嬉しいニュースを。

千葉刑務所での守大助さんの等級が、

この10月に「3」から「2」に上がりました。

これにより面会できる回数は、

月3回→5回に、

守大助さんが手紙を発信できる回数は、

月5通→7通となりました。

 

炊事班での刑務作業も、

重たいヤカンを持っての配膳作業から、

食材の下処理になりました。

タマネギの皮を剥いたり、

ジャガイモの芽を取ったり、

包丁を握りながら奮闘しています。

 

以前にも書きましたが、患者さんの点滴に、

毒物の筋弛緩剤を入れるような人に、

大切な食べ物を扱う作業を任せるでしょうか?

刑務所サイドも、守大助さんが無実であることを、

わかっているのではないのか…?

 

今回の等級アップは嬉しいニュースですが、

「おめでとう」という言葉をかけるのは、

再審無罪を勝ち取るまでおあずけです。

現在争っている再審請求の即時抗告審について、

仙台高等裁判所は年度内に結論を出すと言われています。

 

 そして守大助さんは、

差し入れてもらった看護の本を読んだり、

再び白衣に袖を通すという強い決意を以て、

自由になった日に備えて勉強しています。

 

無期懲役囚に聞き取りを行った、

心理学者のレポートを読んだことがありますが、

ほとんどの場合、

将来に絶望して無気力になっているそう。

しかし守大助さんは違います。

自分は無実で、絶対に塀の外に出る!

という希望があるからこそ、

しっかり毎日を過ごすことができるのでしょう。

f:id:daisuke0428:20170801123331j:plain

「僕はやってない!」の叫びを、支援者として社会に広げよう!