Free大助!

「無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録

【18】守大助さんに面会してきました(後編)

アクリル板の向こう側に現れた守大助さん。

右手を上げて、陽気な笑顔で迎えてくれます。

前回(昨年5月)面会したとき、

「自分にとって支援者と会えるのは、本当に貴重な時間です。

 面会の間は笑顔でいたい」と言っていたのを思い出しました。

前回はグレーの作業着でしたが、

今回は青いジャージのような上着に膝丈のズボン。

体育の授業の学生さんみたいです。

(夏服なのか刑務作業の服なのか、訊くの忘れました)

“学生”というのは決してオーバーな表現でなく、

46歳の現在も29歳で逮捕される前の写真と、

ほとんど変わらない印象です。

裏を返せばずっと社会から隔離され、

時間を奪われている証かもしれません…。

 

大助さんは昨年の10月から、炊事班で働いています。

長年従事したオーダーメイド紳士靴工場からの配転でした。

約1000人分の収容者にお茶を配ったり、

とにかく汗だくの毎日ということです。

「炊事班は体力勝負ということもあり、

 20代の若い受刑者が選ばれます。

 40代の自分が何故…?と思いました」

静かな空間で一人靴づくりに向き合う以前の環境から一転、

チームワークの中で作業を覚えるのが大変で、

歳下の受刑者から注意を受けることも多く、

苦労が続く毎日だといいます。

「それでも耐えられるのは、オレは無実だから絶対にここから出る!

 という信念があるからです」と、力強く語ってくれました。

 

大助さんが何故、炊事班になったのか?

一枚の皮から靴を作り上げるスキルは、

かなりのレベルに達していたと聞いたことがあります。

にもかかわらず何故…?

ハッキリした理由はわかりません。

しかしそもそも、点滴に筋弛緩剤を混入するような人に、

大切な食べ物を扱う刑務作業を任せるでしょうか?

調理では包丁も扱うため、

信頼された受刑者しか選ばれないと聞いたことがあります。

もしかすると刑務所サイドも、

大助さんの無実を信じているのかも…

というのは私の妄想ですが、そうであって欲しいものです。

 

「とにかく一刻も早く、ここから出して欲しい。

 自分は逃げも隠れもせず、再審裁判を闘うから。

 “いつか出られる”じゃあダメなんです。

 (無期懲役で仮釈放になるのは、一般的に約30年と言われています)

 何としても両親が元気なうちに、40代のうちに出たい」

と、大助さんは繰り返し語ります。

そして「裁判所は検察の言いなりにならず、

しっかり証拠調べをして公正な判断をして、

速やかに再審を開始して欲しい」とも。

 極めて真っ当な想いです。

この事件で警察、検察、裁判所がやったことは、

とても“捜査、起訴、裁判”と呼べる代物ではありませんでした。

(このブログの【7】【8】参照)

自分が無実なのは、大助さん自身が一番わかっているでしょう。

にもかかわらずズサンなブラック司法によって、

今まさにこの瞬間も、貴重な時間を奪われている…。

“いついつで終わるから、もう少し頑張ろう”

という見通しがない中で過ごす毎日がどれだけ過酷なものか、

私にはまったく想像が付きません。

「千葉刑務所に来た2008年は、北京オリンピックの年でした。

 “短期留学”だったつもりが、すっかり長期化してしまいました」

と言われた時は、失われた時間の長さにハッとしました。

あれから「ロンドン」「リオデジャネイロ」と、

2度もの夏期オリンピックが開催されています。

2020年の「東京」は絶対に塀の外で!

 

 あっという間に面会時間の30分が終了。

「自分は元気ですからと(支援者の)皆さんに伝えてください」

「ではまた」と、アクリル板にハイタッチをして、

大助さんは扉の向こうに消えていきました。

刑務所を出ると、外は青い夏空。

たった今、面会してきたのは幻だったのか…

という不思議な気分になります。

まさに娑婆に帰ってきたという感覚です。

 

もし大助さんの身に起きたことが自分自身、

または大切な誰かの身に起きたら…?

冤罪は決してヒトゴトじゃありません。

大助さんの再審無罪を勝ち取ることは、

私たち自身で日本の司法を健全にしていくこと。

引き続き「東京の会」は闘います。

 

逮捕前、20代の大助さん。髪の毛が短くなった以外は今もこんな感じです。 

f:id:daisuke0428:20170623161015j:plain