Free大助!

「無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録

【16】阿部泰雄弁護士のお話② こうして大助さんは“犯人”にされた

前回に引き続き「東京の会総会」での阿部泰雄弁護士のお話です。

第2回目は、大助さんが逮捕された経緯。

このブログで過去に紹介した内容と一部重複しますが、

阿部弁護士から、より詳細に聞くことができました。

どうぞ、お読みください!

※文章は録音を基に再構成したものです。文責は「東京の会」事務局長の私にあります。

 

◆発端は小学生の患者さんの急変

2000年10月、

小学6年生の女の子がお母さんに連れられて、

北陵クリニックの小児科を受診しました。

激しい腹痛を起こし、嘔吐も繰り返したということです。

副院長の半田郁子先生は盲腸かもしれないので入院しなさいと。

それで吐き気止めを点滴で投与するよう指示を受けたのが、

准看護士の守大助さんでした。

そして点滴が始まって5分ぐらいすると、

女の子が“モノが二重に見える”と言い出して、

ろれつが回らない状態になりました。

夕方6時50分頃には意識がなくなり痙攣を起こし、

7時15分頃には心肺停止に。

救急隊員が駆けつけて心臓マッサージを施し、

蘇生させて仙台市立病院に搬送しました。

腹痛と嘔吐、モノが二重に見える、痙攣、

そして脳梗塞のような症状の急変…。

これは後にミトコンドリア病メラスという難病の、

典型的な症状であることが明らかになるわけですが、

(このポイントは再審請求の柱にもなっています)

当時はほとんど知られていない病気だったため、

半田先生は“神経障害と考えられる”とカルテに記しました。

 

◆法医学教授が“筋弛緩剤かも”と警察へ

仙台市立病院でも急変の原因が分からないまま、1ヵ月が過ぎました。

そこでクリニックの実質的経営者である、

東北大学の半田康延教授(郁子先生の旦那さん)が、

 同僚の法医学教授に相談するわけです。

法医学教授は“筋弛緩剤”による犯行を疑いました。

これは1990年代に大阪愛犬家連続殺人事件というのがあって、

サクシン」という筋弛緩剤が使われたとされています。

この事件がセンセーショナルに報道されていたため、

“筋弛緩剤”を連想したのでしょう。

そこで法医学教授は宮城県警本部に行って、

「北陵クリニックを捜査してくれ。

 筋弛緩剤を使った犯罪が行われた恐れがある」と言うわけです。

これを受けた県警はすぐに特殊犯罪の捜査チームを立ち上げます。

警察は“筋弛緩剤による犯罪”と最初から決めつけ、

まっしぐらに捜査に取りかかってしまったわけです。

 

〜今回は以上です。

 

守大助さんの再審無罪獲得に向け、16年間の闘いを振り返る阿部康雄弁護士(右)。

f:id:daisuke0428:20170804170910j:plain