Free大助!

「無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録

【15】阿部泰雄弁護士のお話① “マインドコントロール”されていた大助さん

7月15日の「東京の会総会」では、

守大助さんの逮捕直後から16年間ずっと弁護を担当し、

再審無罪獲得に向けて奮闘している、

阿部泰雄(あべやすお)弁護団長を招きました。

これまでの闘い、冤罪のポイント、再審への展望など、

いろいろなお話を聞けたので、

何回かに分けて紹介します。

第1回目は、大助さんとの出会いについてです。

どうぞ、お読みください!

※文章は録音を基に再構成したものです。文責は「東京の会」事務局長の私にあります。

 

◆オレはやっぱりやっていないんだ…

はじめて守大助さんに会ったのは、逮捕から2日後の2001年1月8日。

拘留されている宮城県警・泉警察署で接見しました。

大助さんはほとんど眠れていない様子で、

“自分が(犯行を)やりました”と言っていました。

 

翌9日も接見して、

“やったなら、どんなふうに筋弛緩剤を入れたんだ?”と質問をしても、

大助さんはほとんど具体的に答えられない。

 

こうして会話を重ねるうちに

“ああ、オレはやっぱりやっていないんだ…”と、

大助さんはマインドコントロールから覚めて、

そこからは完全に否認に転じたんです。

 

 

◆100日間、土日も警察署へ

5件の犯行を行ったということで、

1件につき20日×5件で計100日間、

警察は大助さんの身柄を拘留しました。

さらに凶悪事件ということで接見禁止にし、

弁護士以外とは家族とも会えない状況に置きました。

この最初の100日間、私たち弁護団は毎日、

土日も関係なく大助さんへの接見を続けました。

“警察が毎日取り調べをやるのなら、

弁護士だって毎日接見してもいいだろう”というわけです。

大助さんは完全に否認・黙秘を貫き、

警察が勝手に作った約60通の調書にも、

1通もサインしませんでした。

 

◆4年半の接見禁止

大助さんは起訴され、

身柄を仙台拘置所に移されましたが、

接見禁止は4年半にわたって続きました。

その間も弁護団は接見を繰り返し、

社会とのつながりを絶たれた大助さんに、

本を差し入れたりしました。

 

〜今回は以上です。

実は大助さんと阿部弁護士は逮捕直後、共著で本を出しています(下の写真)。

マインドコントロールされてしまうほどの苛烈な取調べの様子が、

生々しく描かれています。現在は絶版ですが中古で購入できます。

あまりのムゴさに最後まで読み切るのは大変な労力が要りますが、

日本の取調べの実態を知るためにも、機会があったらぜひご一読ください。

 

f:id:daisuke0428:20170801123331j:plain