Free大助!

「無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録

【14】守大助さんからのメッセージ

「守大助さんを守る東京の会」総会、無事に終了しました。取り急ぎ、千葉刑務所から守大助さんが総会に寄せてくれたメッセージを紹介します。以下、手紙を書き起こしました。

 

私は絶対に!筋弛緩剤を混入していません。

裁判のデタラメは、

誰よりも私が一番知っています。

真実を最後まで訴えて、

「再審開始・釈放」を勝ち取ります。

東京から仙台高裁へ、

署名をどんどん届けて下さい!

大崎事件・再審開始決定。

次こそ私です。流れ止めません。

 

本日はお忙しい中、

「第3回・東京の会総会」へ

多くの方々に参加していただきまして、

本当に有り難うございます。

いつも街頭宣伝・署名活動・学習会をして下さり、とても感激しています!

“やっていない” 無実を証明するのに、

なぜこんなに時間がかかるのでしょうか。

やってないのですから、

やってない!という以上の証拠はない!

もう16年も社会から隔離され、

おかしくなりそうです。

 

今回弁護団が提出した「新証拠」で

土橋鑑定人が法廷で“偽証”していたことが

明らかになりました。※

再審開始条件に、

専門家の偽証が明らかになった場合、

開始決定しなければならないはずです。

この偽証を裁判所は無視して!

これまでのように信用できると

認定しつづけるのでしょうか!

冗談じゃないです。

デタラメ鑑定によって無実の私は

高い塀の中へ閉じ込められ、

人生を奪われているのです。

46歳になった今も、

一歩も塀の外へ出られない生活をさせられています。

助けて下さい。

東京の会の皆さん、私は無実です。

両親が元気でいるうちに帰りたい!

今後もどうかご支援を宜しくお願い致します。

 

2017年7月  無実の守大助

 

※土橋均・元大阪府警科捜研鑑定人。

同鑑定人が行なった「5人の患者の尿や血液、点滴溶液から、筋弛緩剤の成分が検出された」とする報告が守大助さん有罪の根拠とされているが、鑑定結果が荒唐無稽かつ、鑑定を行なった事実を裏付けるデータが提出されていないなど、合理性が疑われている。

 

メッセージは手紙の形で寄せられます。情報発信の自由が制限された刑務所の中ではメールもネットも使えません。

f:id:daisuke0428:20170717063548j:image