Free大助!

「無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録

「えん罪を生まない捜査手法を考える」に参加して

今回はなぜ、守大助さんが犯人にされてしまったのか?

警察の捜査や取調べについて書こうと思っていましたが、

予定を変更して6月18日に開催されたシンポジウム

「えん罪を生まない捜査手法を考える」の様子を報告します。

とても示唆に富んだ内容で、

大助さんの事件への理解を深めるために、

ぜひ紹介したいと思いました。

 

会場は立命館大学 大阪いばらきキャンパス。

国内の法律家や研究者によって昨年発足した

「えん罪救済センター」イノセンス・プロジェクト・ジャパン)の主催で、

冤罪防止の取り組みにおいて日本のはるか先を行く、

イギリスの研究者2人を招いて報告が行われました。

 

1人がロンドン大学のイティエル・ドロー博士(Dr. Itiel Dror)

“人は必ず間違える。たとえ捜査や科学鑑定のプロであっても”

という真理を脳科学の研究から明らかにし、

ロンドン警視庁やFBIなどで、

冤罪を生まないための研修を行っています。

 

約1時間の報告のうち、

印象に残った部分を2つに絞って紹介します。

共通するポイントは “人間の心はカメラではない” こと 。

視覚も思考も脳に支配されており、

決めつけ、思い込み、先入観といったバイアスがかかることで、

白いモノも“黒く”見えてしまい、

それが冤罪を生む大きな原因となっています。

 

■ある放火冤罪事件

これはアメリカであった事件。

家が家事になり、3人の子どもが焼死した。

ちょうど帰宅してきた父親は助けようと、

燃えさかる家に入ろうとして消防隊に制止された。

当初は事件性のない事故として処理されたが、

火災専門家の “これは放火だ” という意見が、

ガラリと流れを変えた。

警察は “父親が火をつけた”という先入観とともに再捜査。

時間が経ち記憶もアヤフヤになりつつある近隣の住民に、

“何かアヤしいことがあったハズだ” と聞き込みに回り、

父親は一転して、悲劇の主人公から“凶悪殺人犯”に。

無実を訴えるものの死刑が執行されてしまった。

そして現在、火災原因の究明技術の進化によって、

この事例は放火でなく事故であることが明らかになっている…。

 

■科学鑑定は“客観”でなく“主観”に左右される

あるサンプルが容疑者のモノと一致するか、

100人の科学鑑定家に実験を行った。

鑑定に先立ち、

うち50人には “鑑定の依頼者は検察庁” 、

残り半分には “依頼者は弁護人” という事前情報を伝えたところ、

前者は有罪方向、後者は無罪方向と、真逆の結果が出た。

まったく同じサンプルであるにもかかわらず…。

つまりプロの鑑定家であっても、

事前に仕入れた情報によって “脳が汚染” され(バイアスがかかり)

 科学的・客観的な鑑定ができなくなる。

 

ある事件で警察の捜査員が指紋鑑定人に充てた、

申し送り書も紹介されました。

そこには

“何としても彼を犯人にしなければならない。

そのために頼れるのは、貴方(鑑定人)だ”

という一文が記されていた…。

そこで現在イギリスの警察では誤認逮捕防止のため、

捜査員から鑑定人ににどんな情報をもたらされたか、

記録を残すようにしているということです。

 

以上です。どう感じられたでしょうか?

ではドロー博士が指摘したポイントを踏まえて、

大助さんが犯人にされてしまう過程を追ってみましょう。

(次回へ続く)

 

時にはユーモアを交え、軽妙な語り口で恐るべき事実を明らかにしていくドロー博士。

f:id:daisuke0428:20170623122938j:plain