Free大助!

「冤罪・北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【7】ニュースレター発送!

「東京の会」のニュースレターを、

会員の皆さんに発送しました。

そして裁判所への緊急要請ハガキも同封。

 

守大助さんの再審は、

ちょっと大変な状況になってます。

大助さんと弁護団が再三お願いしている、

事実調べや証拠開示を、

裁判所は“やる必要ナシ”と言ってるんです。

ヘタをするとこのまま、

再審請求を棄却される怖れが…。

なので “そんなこと許さん!” という声を、

ハガキで裁判官に届けるわけです。

 

警察や検察は、大助さんを犯人とする

 “証拠がある” と主張し、

それを元に裁判所は有罪を維持しています。

 

実はこれらの “証拠らしきもの” が、

とてつもなくアヤシイ代物なんです。

詳しくは改めて紹介していきますが、

ちょっと調べればデタラメなのは明白で、

大助さんの無実が証明されるハズ。

 

しかし事件発生から16年、

何故か裁判所は、

事実調べを頑なに門前払いし続けてきました。

 

エッ、そんなことあるの?

警察はしっかり捜査をして犯人を捕まえて、

検察は捜査に謝りがないか見極めて起訴して、

裁判所はちゃんと証拠を調べて、

有罪・無罪を決めるんじゃないの?

と 、思うかもしれません。

 

残念ながらそうではないんです。

日本の刑事司法は真っ暗闇、

まさにブラック司法です。

 

だからこそ、

私たち市民が声を上げて、

変えて行くんです。

これが本当の民主主義。

絶望してる場合じゃありません。

 

守大助さんの再審無罪を勝ち取る運動は、

私たちが、私たち自身のために、

私たち自身で、社会を良くしていく

 ムーブメントを作り出すことでもあります。 

 

f:id:daisuke0428:20170521223236j:imagef:id:daisuke0428:20170521223314j:image