Free大助!ノーモア冤罪!

「北陵クリニック事件・無実の守大助さんを守る東京の会」事務局長の備忘録〜素人の素朴な目線から冤罪を考える〜

【156】冤罪撲滅という点からも、宇都宮健児さんを都知事にしたかった!!

◆宇都宮さんは『再審法改正をめざす市民の会』の共同代表 東京都知事、小池百合子さんが366万票(得票率59.7%)を獲得し、再び東京都政のリーダーシップを取ることになりました。 私が応援していた宇都宮健児さん(元・日弁連会長)は2位だったものの、約84…

【155】守大助さん&勝又拓哉さんからのメッセージ

◆コロナにも負けず、無実を訴える2人に自由を! 前回のブログで紹介した「大崎事件」のクラウドファンディング。 最終的に1240万7,000円が集まりました。 当初の目標額500万円を早々にクリアし、再設定した目標額の1,000万円も200万円以上を上回る結果となり…

【154】いよいよ本日23:00まで!!「大崎事件」クラウドファンディングにご協力ください!!

◆またまた寸前の告知ですが、よろしくお願いいたします 以前このブログで紹介した「大崎事件」第4次再審に向けたクラウドファンディング。 いよいよ本日が受付最終日となりました。23:00までになります。 すでに午後3時現在、目標の1000万円を上回る1152万円…

【153】寸前ですが「湖東記念病院事件」ライブ配信のご案内

もうあと1時間弱で始まりますが、YouTubeのウェブセミナーのご案内です。 テーマは当ブログでも何度か紹介し、1日最大2000以上のアクセスをいただいた「湖東記念病院事件」です。 ぜひご覧ください!! ●再審法改正をめざす市民の会(RAIN)第一回Webセミナー…

【152】「飯塚事件」(後編)処刑の責任者が検察トップに出世

◆法務官僚は何を考えて死刑執行を決めたのか? 私が「飯塚事件」を知ったのは、2009年のことでした。 『週刊朝日』(もしかすると『サンデー毎日』だったかも)で、“足利事件と同じDNA鑑定で犯人とされ、冤罪の疑いが強いにもかかわらず、死刑が執行されてし…

【151】「飯塚事件」(前編)法務省が無実の人を “確信犯的” に処刑!?

◆死刑執行を裏でお膳立てする法務省 今回は前回の予告どおり、法務省と死刑執行について書きます。 死刑執行の流れは2012年、「毎日新聞」が法務省に情報公開請求して明らかにしました。記事をまとめると、以下のようになります。 ①裁判所で死刑判決が確定 ②…

【150】「法務省刑事局長」って何者!?調べてみました

◆“新聞の使命=権力監視”は、やはりタテマエだった 「検察庁法改正案」ですが、黒川弘務検事長の賭博マージャン発覚という、想定外の展開になりました。 黒川さんのペナルティが最終的にどう落ち着くかは見守るとして、問題なのがマージャン仲間が産經新聞の…

【149】こんな時こそ、受刑者の権利を守ろう!こんなに違う台湾と日本

◆全国の刑務所・拘置所で面会禁止に 千葉刑務所の守大助さんと面会ができなくなって、1ヵ月以上になります。弁護士以外、家族も含めて面会が禁じられています。 理由は、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため。法務省がこのように決定したため、他の刑務…

【148】検察OB意見書に感じた薄気味悪さ

◆しつこいようですが“検察=正義”じゃありません 「検察庁法改正案」、先週の採決は見送られました。“#検察庁法改正案に抗議します”と、たくさんの人が声を上げた成果だと思います。 しかし“アベ政権は許せない!!”という風潮が高まるあまり、その反動で“検…

【147】#検察の不正義に抗議します(2)

(前回より続く) ◆検察の犯罪③再審開始決定への不服申立てとは? 「再審」というのは「有罪」が確定した事件について、もう一度裁判をやり直すこと。ほぼ全てのケースで「無罪」という結果になっています。 戦前までは「無罪」が確定したのを「有罪」にする…

【146】#検察の不正義に抗議します(1)

◆日本はすでに法治国家じゃない 「検察庁法改正案」、危惧されていた今日(13日)の採決はなくなりました。 この間「#検察庁法改正案に抗議します」のツイートは、900万件を超えたといいます。野党4党(日本共産党、立件民主党、国民民主党、社民党)の党首…

【145】「週刊女性」も警告!!アベ政権の検察私物化がいよいよヤバい

◆「検察庁法“改悪”」ストップにウェブ署名を 1ヵ月ほど前に紹介した「検察庁法改正(改悪)案」。 【139】こんな時こそ、いつもと変わらぬ関心を冤罪や司法に持ち続けよう - Free大助!ノーモア冤罪! 昨日(5月8日)に自民、公明、維新が、衆議院での審議入…

【144】ウーマン村本が冤罪を語った!

◆“シークレットゲスト”は「ウーマンラッシュアワー」村本大輔 『GW特別企画オンライントーク4days#おうちで学ぶ刑事司法 #「それボクを」語ろう』、ご覧になりましたか? これは『大崎事件 第4次再審請求 #裁判で真実を』クラウドファンディングの応援企…

【143】29歳で自由を奪われた守大助さん、無実を叫び続けて49歳に

◆たくさんのアクセスありがとうございます 一昨日と昨日で、2300を超えるアクセスをいただきました。「世界仰天ニュース」というテレビ番組で「湖東記念病院事件」が取り上げられたことが、大きかったようです。 私の家にはテレビがないので放送を観ていませ…

【142】「湖東記念病院事件」滋賀県警に要請書を提出

◆要請書、全文紹介します 「湖東記念病院事件」で、新しい動きがありました。 このブログでは、以下のように書いてきました。 再審無罪が確定したからと言って“良かったね”で終わらせるべきではない。事件を支援してきた「日本国民救援会」や「再審・えん罪…

【141】いま、韓国がスゴい!!日本は“韓流司法改革”を見習おう

◆変わるアジアの国々と、変わらず置いてきぼりになる日本 ちょっと長い前置きを書きます。 昨年ベストセラーになった『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』という本を読みました。著者はスウェーデンの医師で、統計学者でもあるハンス・ロスリングさん。 この…

【140】“こんな人たち”に屈するワケにはいかない

◆謝罪も質問も一切拒否した滋賀県警 4月2日に西山美香さんの再審無罪が確定した「湖東記念病院事件」。 このブログでは、滋賀県警は冤罪を作ったことを反省し、再発防止策に努め、デッチ上げに加担した捜査員を処分すべき…と書きました。 (その投稿はこちら…

【139】こんな時こそ、いつもと変わらぬ関心を冤罪や司法に持ち続けよう

◆手紙は塀の中と外とつなぐ生命線、励ましのメッセージを送ろう 新型コロナウィルスの影響、皆さんはいかがでしょうか。私は自宅が仕事場なので外出自粛はそれほど関係ありませんが、仕事のスケジュールが延期になったりと、やはり無関係ではいられません。 …

【138】「湖東記念病院」無罪を受けて「冤罪犠牲者の会」が声明を発表

◆やはり検察、警察に自浄作用はなかった 本日(4月2日)、「湖東記念病院事件」西山美香さんの無罪が “正式に” 確定しました。 “えっ、3月31日の無罪判決で決まったんじゃなかったの?” と思うかもしれませんが、実はまだ検察が言いがかりを付けてくる恐れが…

【137】「湖東記念病院事件」無罪!!but…冤罪を作り上げた連中をこのまま逃がすな!!

◆無罪を言い渡した裁判長は「今市事件」の裁判官だった!! 本日(3月31日)、大津地裁で「湖東記念病院事件」の再審・無罪判決が言い渡されました。 西山美香さん、本当にお疲れ様でした!! 23歳で “ありもしない殺人事件の犯人” とされ、12年間の刑務所暮らし…

【136】「大崎事件」クラウドファンディングに、ご協力お願いします!!

◆第3次の終結から1年未満で第4次へ!! 本日(3月30日)、「大崎事件」の4回目の再審請求が鹿児島地裁に申し立てられました。 申立終了後に行われた報告集会は、新型コロナウィルスの影響でライブ配信となりました。私もYouTubeで観ましたが、所々音が不鮮明…

【135】「今市事件」④勝又拓哉さんに面会してきました

◆“やっていない”という真実が、再審に向けた最大の武器になる 3月19日(木曜日)、東京拘置所の勝又拓哉さんに面会してきました。無期懲役が確定した拓哉さんは、近いうちに刑務所に収監されます。どこの刑務所になるかはまだ明らかになっていませんが、いず…

【134】痴漢冤罪と闘う先生のブログ

◆『冤罪被害者』のブログ〜最高裁で絶対に無罪を!!〜 このブログも、少しずつですが読者が増えています。冤罪というカタく暗いテーマですが、読んでくださる皆さんの存在は何よりの励みになります。ありがとうございます。 私の他にも、冤罪をテーマにした「…

【133】「今市事件」③ それでも“勝又拓哉が怪しい” という誤解に答える

◆そもそもなぜ、勝又拓哉さんが犯人に? はじめて勝又拓哉さんが捜査線上に浮かんだのは、2005年12月の事件発生から間もない頃。拓哉さんの養父(後で説明します)が “一緒に住んでいたことのある息子に犯人像が似ている” などと、警察に情報提供したのが始…

【132】「今市事件」②有罪ありきの八百長裁判

もう、再審にかけるしかない 前回に続いて「今市事件」について。今回は勝又拓哉さんを「有罪・無期懲役」にした裁判の流れを振り返ります。 (これまでの裁判の流れ) 第1審 2016年4月8日 宇都宮地方裁判所=無期懲役 第2審(控訴審)2018年8月3日 東京高…

【131】「今市事件」①勝又拓哉さんが無実と言える理由

◆“エア現地調査” をお届けします 今回から「今市事件」がなぜ冤罪なのか?を3回にわけて掘り下げます。 事件の特徴をズバリ言うと、勝又拓哉さんが犯人であることを裏付ける証拠が何もないこと。これは冤罪の典型的なパターンであり、拓哉さんが無実と言える…

【130】速報「今市事件」上告棄却&抗議声明

最高裁判所(第2小法廷)は、冤罪であることが強く疑われている(というか冤罪そのもの)「今市事件(いまいちじけん)」の上告を棄却しました。 これにより、身に覚えのない女児殺しの濡れ衣を着せられ、約6年にわたって無実を訴えてきた勝又拓哉(かつまた…

【129】“回答は差し控えます” 絶望の最高裁判所

◆最高裁が考える「裁判官の独立」って何だ? 前回のブログで “裁判所には冤罪の再発防止策を期待できない” と書きました。今回はその理由について、昨年10月の最高裁判所要請で感じたことを書いてみます。 この要請は、毎年恒例の「司法総行動」の一貫として…

【128】冤罪の連鎖を食い止める、原因究明&再発防止プロジェクトを!

◆飛行機事故と同じ再発防止策を冤罪にも 「北陵クリニック事件」の支援者仲間には、航空業界の関係者も多くいます。「守大助さん東京の会」の母体である「日本国民救援会・東京都本部」が、日本航空(JAL)がらみの不当解雇の裁判支援をしている関係で、つな…

【127】日本の司法は“八百長司法”、元同僚Sさんの証言(後編)

◆“悪いことだけ言え”は警察の常套手段? 前編では守大助さんの「北陵クリニック」時代の同僚、Sさんが、警察で受けた事情聴取の様子を紹介しました。 【126】森法務大臣にも読んで欲しい、元同僚Sさんの証言(前編) - Free大助!ノーモア冤罪! 刑事から“守…